破裂しそうな初恋の衝動が押し寄せる 『Summer of 85』第1弾予告&ビジュアル解禁

0

2021年04月22日 21:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『Summer of 85』ポスタービジュアル (C) 2020‐MANDARIN PRODUCTION‐FOZ‐France 2 CINEMA‐PLAYTIME PRODUCTION‐SCOPE PICTURES
映画『Summer of 85』ポスタービジュアル (C) 2020‐MANDARIN PRODUCTION‐FOZ‐France 2 CINEMA‐PLAYTIME PRODUCTION‐SCOPE PICTURES
 少年同士の瑞々しい刹那の恋を描くフランス映画の巨匠フランソワ・オゾン最新監督作『Summer of 85』より、第1弾予告とビジュアルが解禁された。

【動画】破裂しそうな初恋の衝動が押し寄せる 映画『Summer of 85』第1弾予告編

 本作は、オゾン監督自身が17歳の時に読み、深く影響を受けたというエイダン・チェンバーズの小説「Dance on my Grave」(邦題:おれの墓で踊れ/徳間書店)を映画化したラブストーリー。16歳と18歳の少年の、運命の出会いと永遠の別れを通して、恋する喜びと痛みを鮮やかに描き出す。16歳のアレックスと18歳のダヴィドを演じるのは、オゾン監督自らオーディションで見出した新鋭フェリックス・ルフェーヴルとバンジャマン・ヴォワザン。

 1985年夏のフランス。進路に悩む労働者階級の16歳の少年アレックスは、セーリングを楽しもうとヨットでひとり沖に出たが、突然の嵐に見舞われ転覆してしまう。彼を救助したのは、自然体で飄々とした18歳のダヴィド。2人は急速に惹(ひ)かれ合い、やがて友情を超えた恋愛感情で結ばれる。アレックスにとってはこれが初めての恋だった。

 互いに深く思い合う中、ダヴィドの提案で「どちらかが先に死んだら、残された方はその墓の上で踊る」という誓いを立てる2人。しかし、ダヴィドの不慮の事故によって蜜月の日々は突如終わりを迎える。悲しみと絶望に暮れ、生きる希望を失ったアレックスを突き動かしたのは、ダヴィドとあの夜に交わした誓いだった──。

 予告編は、アレックスが初めて抱く、ダヴィドへの破裂しそうなほどの恋の衝動が、THE CUREの名曲「In Between Days」に乗せて映し出されたもの。ノスタルジックな雰囲気漂うフィルム撮影で美しく切り取られた、彼らの色鮮やかな青春の数々。しかし、そんな幸せな日々も長くは続かなかった。後半では、ダヴィドが「君といるのに飽きた」とアレックスに言い放つ場面など、波乱の展開を予感させる映像が次々と映し出されていく。愛すれば愛するほどに湧き上がる“満たされない気持ち”。「ほんの一瞬も離れたくない」と願うアレックスを待ち受けていたのはー。

 第1弾ビジュアルは、後に永遠の別れが訪れることなど知る由もないアレックスが、愛するダヴィドに頬を寄せる姿を切り取ったもの。横には「あの夏の君を、心に刻んだ」というコピーが添えられており、刹那の恋を感じさせるエモーショナルなビジュアルとなっている。

 また今回、本作のムビチケカード(税込1500円)が4月23日より発売されることも決定。劇場購入特典として、アレックスとダヴィドが過ごした夏の一瞬を切り取ったポストカード(3枚セット)が付く。

 映画『Summer of 85』は、8月20日より全国順次公開。
    ニュース設定