北川景子“咲”、永山瑛太“紘一”を無理やりパーティに連れていくが…

0

2021年04月23日 06:01  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

北川景子と永山瑛太が夫婦役で共演するドラマ『リコカツ』(TBS系、毎週金曜22:00〜)の第2話が、4月23日に放送される。

現代的で自由な家庭で育った自分に正直な女性・水口咲(北川)と、厳格な自衛官一家で育った航空救難団のエース隊員・緒原紘一(永山)が“交際ゼロ日”でスピード結婚。そんな2人を中心に、現代ならではの価値観と時代が変わっても普遍的な男女のもめ事を「リコカツ」というキーワードを通じて描き出す“離婚するかもエンターテインメント”。

先週放送された第1話では、咲と紘一の出会いから結婚、そしてお互いが離婚を宣言するまでのストーリーが展開。インターネット上では「瑛太さんの演技コミカルなかんじが新鮮だし、北川景子さんは相変わらず麗しいし最後まで見るドラマになりそう!」「今期トップレベルで好きかも!! こういう新しいラブコメ待ってた!」「景子ちゃんは毎秒可愛すぎる」「瑛太も北川景子も最高すぎる。ふたりのチャーミングさが最大限に活かされてる!!」といったコメントが寄せられた。

<第2話あらすじ>
交際ゼロ日婚を果たしたが、お互いのあまりの不一致に離婚を決意した咲(北川)。しかし、歩道橋で足を滑らせた自分を身を挺して守ってくれた紘一(永山)の頼もしさと、「まだ君の夫だから」という優しい言葉に心が揺れる。

そんな時、事件が起こる。紘一の母・薫(宮崎美子)が離婚届を残して家を出て行った。咲と紘一が緒原家に駆けつけると、正(酒向芳)は心配するでもなく、紘一の妻である咲に当たり前のように夕飯の支度を要求。咲は、そんな義父の態度、そしてそれを何とも思わない紘一にも、腹を立てる。

翌日、咲は編集長の大崎哲郎(松永天馬)から、ラルフローレンの新連載の企画を聞く。連載を依頼する吉良夫妻を招いてパーティを開くので、咲にも夫婦で出席してほしいという。成功させれば外されていた企画の担当に復帰する絶好のチャンス。パーティは苦手だと渋る紘一を「離婚後に自活するには、仕事は大事。これもリコカツ!」と説得する。

その数日後、紘一は隊長の重森敦(菅原卓磨)から、バーベキュー大会には夫婦で参加するよう念押しされる。しかし、ラルフローレンのパーティと同じ日であることに後で気づいて、咲と大喧嘩に。すれ違いばかりで落ち込む咲は、久しぶりに行ったレストランで元カレの青山貴也(高橋光臣)と偶然再会する。

一方、咲の実家でも事件が起こっていた。母・美土里(三石琴乃)が夫・武史(佐野史郎)の浮気を確信。証拠を押さえようと密かに行動を起こす。
    ニュース設定