NY株、反落=増税案めぐる報道嫌気

2

2021年04月23日 07:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

 【ニューヨーク時事】22日のニューヨーク株式相場は、米政権による増税案をめぐる報道が嫌気され、反落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比321.41ドル安の3万3815.90ドルで終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数は131.81ポイント安の1万3818.41で引けた。

 バイデン米大統領が富裕層を対象としたキャピタルゲイン税率の引き上げを提案する見通しだと伝わり、主要株価指数は取引中盤にそろって下落した。報道によれば、同税率を現在の倍近い39.6%に引き上げることを来週提案する見通し。 

このニュースに関するつぶやき

  • バイデンのこれで急に落ちた。だからバイデン政権ではマーケットはネガティブだと言われていた。ベア3xのETFはワクチン系のベア3xであるLABDを除きみんな上げになってる。巨大テックはモロ課税対象、TECSがいけるかもしれん https://mixi.at/a6P4XgY
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 下がりそうなチャートをしてたとこに前々から出てた増税の話が改めて出てきて売りが加速した。ダウはさておき先物で下げてる日経がどうなるかやな。下の方で低迷の旅になるのか
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定