これは難問! 一番いいホンダ「ヴェゼル」はどのグレード?

0

2021年04月23日 07:51  マイナビニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
ホンダが発売した小型SUVの新型「ヴェゼル」は、4種類のグレード構成となっている。最も高価なのはハイブリッドの「e:HEV PLaY」で329.89万円だが、最上級グレードは289.85万円(FF)or311.85万円(4WD)の「e:HEV Z」であるらしい。どういうことなのか、詳しく聞いてきた。

○「Z」と「PLaY」の関係性とは

新型ヴェゼルのグレード展開は「G」「eHEV X」「e:HEV Z」「e:HEV PLaY」の4種類。「G」はガソリンエンジン、残りの3グレードは2モーターのハイブリッドシステム「e:HEV」を搭載する。PLaYは前輪駆動(FF)のみで、それ以外はFFか4WDを選択可能だ。

価格は「G」が227.92万円(FF)or249.92万円(4WD)、「X」が265.87万円or287.87万円、「Z」が289.85万円or311.85万円、「PLaY」が329.89万円(FFのみ)なので、「ヴェゼルの一番いいやつをください」といえば「PLaY」が出てきそうなものだが、実はそうでもないらしい。商品企画を担当するホンダの池田裕介さんに話を聞いた。

マイナビニュース編集部:価格からいうと上から「PLaY」「Z」「X」という順番になりますが、この3グレードは必ずしも上・中・下の関係性にはなっていないみたいですね。

池田さん:確かに、ZとPLaYについては縦の関係ではありません。まず、新型ヴェゼルはハイブリッドを主軸に置いて展開していて、ZとXは上下でシンプルにラインアップしています。Zにはいろいろな装備を装着していますので、売価としても、お買い得感のあるグレードにできたと思っています。

マイナビニュース編集部:トップグレードであり、最もお買い得なグレードでもあるのがZということですね。PLaYの位置づけはいかがですか?

池田さん:SUVのお客様は、新しいものを好まれる傾向にあります。ユーザーの幅を広げる意味も含め、新しい提案として用意したのがPLaYです。先代のヴェゼルにはなかったグレードであり、ホンダとしても初めてとなります。

マイナビニュース編集部:PLaYには付いていてZには付いていない装備も、その逆もあるわけですか。

池田さん:例えばZには、左右独立式のエアコン、アクティブコーナリングライト(ウィンカーを出してハンドルを切ると、ヘッドライトがそちらの方向に傾く便利機能)、雨天感応式ワイパー(雨を感知して自動で作動)、トノカバーなどが標準装備となります。一方のPLaYは専用のエクステリアで、パノラマルーフとHonda CONNECTディスプレー+ETC2.0車載器を標準装備しています。インテリアはPLaYがグレージュで、Zがブラックです。

マイナビニュース編集部:そうすると、Zさえ選んでおけば間違いないというわけでもないということですね。買うなら装備差をよく確認する必要がありそうです。それと、ZにHonda CONNECTディスプレーを装着すればその分の価格が上乗せになるので、実際のところ、PLaYとの間にそこまでの価格差があるわけでもないようですね。

マイナビニュース編集部:PLaYは最上級グレードというよりも、「こういうクルマ、好きじゃないですか?」というホンダからの新提案だということが理解できました。ということは、その提案が受け入れられなければ、1台も売れない可能性もあるということですよね?

池田さん:数値的なものではなく、感性に訴えかけるものなので、まあ、そうですね(笑)。先代ヴェゼルにPLaYというグレードはありませんでしたから、そこからの乗り換えもないわけですし。

マイナビニュース編集部:現時点での受注状況は?(インタビューは4月上旬、事前受注を取り始めて3週間くらい)

池田さん:事前受注が1.3万台くらいで、そのうち7割弱がZ、PLaYは2割弱といったところです。

マイナビニュース編集部:2割弱であれば、けっこう狙いどころはよかったといえそうですね! まだ販売店に試乗車を配備していなくて、ほとんどの人は実車すら見ていない状況だと思いますが、それで1.3万台の受注というのは、かなりペースが早そうです。購入している方は、先代ヴェゼルからの乗り換えが多いんですか?

池田さん:もちろん多いんですが、ヴェゼルのお客さまもしかり、SUV全体のお客さまもしかりなんですけど、年齢層も前有車も、幅広いというのが事実です。

マイナビニュース編集部:大幅にイメチェンしたヴェゼルですが、おおむね好調といった感じですか?

池田さん:ワールドプレミアの後、ネット上でもデザインに関する意見など、さまざまな声が見受けられましたが、それからはクルマが実際に動いている映像などを見ていただいて、「いいよね」という感想をたくさん頂戴しています。もちろん十人十色で、いろいろな意見があるのは事実ですが、先代を踏襲して新型を発売しても、1年後には古臭くなってしまいますから。

先代のヴェゼルを発売した時も、当時でいうと新しいデザインで、賛否両論があったものの、たくさんのお客さまに購入していただけました。その時その時で、新しいものを提案するのがヴェゼルなのかなと思っています。(藤田真吾)
    ニュース設定