米、気候危機回避へ結束訴え=新目標、各国に思惑―サミット初日

2

2021年04月23日 09:00  時事通信社

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

時事通信社

写真気候変動に関するオンライン首脳会議(サミット)に参加した各国・地域の首脳ら=22日(AFP時事)
気候変動に関するオンライン首脳会議(サミット)に参加した各国・地域の首脳ら=22日(AFP時事)
 【ワシントン時事】バイデン米大統領は22日、気候変動に関するオンライン首脳会議(サミット)の冒頭で演説し、「今後10年は、気候の危機による最悪の結果を回避するために決断をしなければいけない」と述べ、温室効果ガス削減に向けて各国・地域に結束を呼び掛けた。主催国として自ら厳しい削減目標を打ち出し、日本、カナダ、欧州、英国などが強化策で足並みをそろえた。

 最大のテーマは温室ガス削減目標の引き上げ。バイデン氏は2030年までに「05年比で50〜52%減」と削減幅を従来の2倍に拡大。日本の菅義偉首相は「13年度比46%減」、カナダのトルドー首相も「05年比40〜45%減」へ引き上げるとそれぞれ表明した。

 世界最大の排出国である中国の習近平国家主席は「米国を含む国際社会と協力して地球環境の管理を推進していきたい」と述べ、自国の石炭消費量の段階的削減に言及した。ただ、「30年までに二酸化炭素(CO2)排出量を減少に転じさせる」などの緩やかな目標は据え置いた。

 地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」は各国に対して30年までの温室ガス排出削減目標の策定を求めているが、国ごとに排出量のピークが異なるため比較年にばらつきがある。中国は長期の目標年次を先進国より10年遅く設定している。削減幅を大きく見せることも可能で、国際交渉を有利に進めようとする各国の思惑も見え隠れする。 

このニュースに関するつぶやき

  • 思惑ねぇ。本当の思惑がどこにあるんだろうなぁ?私はいつも謎だと思っている。
    • イイネ!24
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定