有名ラジオ専門誌の編集長、テレワーク中にひらめいた付録は「初めての試み」 本誌表紙は根本凪さん

2

2021年04月23日 15:00  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真4月27日全国発売「ラジオ番組表2021年春号」。表紙は根本凪さん(三才ブックス提供)
4月27日全国発売「ラジオ番組表2021年春号」。表紙は根本凪さん(三才ブックス提供)

 パソコンやスマホでラジオ番組が聴けるサービス「radiko(ラジコ)」。コロナ禍以降、月額385円で全国99局の放送が聴き放題のラジコプレミアム会員が増加しています。昨年3月、約70万人だった会員数は、同年12月には約87万人に。そんな中、ツイッターに気になるツイートがありました。

【写真】人気の根本凪さんがどこにいるか分かりますか?

 「テレワーク中、午前/午後ワイドをめっちゃ聴いてることから思いついた企画。今回の『ラジオ番組表春号』の付録冊子です。曜日時間帯別に掲載、番組説明もあるので、ここからお気に入りの番組を見つけてください」

 投稿したのは出版社「三才ブックス」(東京都千代田区)。年2回、ラジオの改編期に発行する雑誌「ラジオ番組表」春号の告知として付録を紹介したところ、コメント欄にはファンらの期待の声が寄せられました。ラジオリスナーにとって新たな出合いの場になりそうな付録。発案者である「ラジオ番組表」編集長の梅田庸介さんにお話を聞きました。

「好みの番組と知り合うきっかけになれば」

 ーーツイートが気になりました。

 梅田編集長「全国には多くのラジオ番組があります。まだまだ知られていない番組は山のようにあるので、好みの番組と知り合うきっかけになればと思い、今回の付録『全国ローカルワイド番組大全ーAMラジオ編ー』を企画しました」

 ーー付録はテレワーク中に思い付いたそうですね。

 梅田編集長「昨年4月の緊急事態宣言以降、自宅での時間が増えたこともあり、ラジオを聴く人が以前よりも増加しました。特に在宅ワークをしている社会人にその傾向が強いのだと思います。そんな私も自宅での仕事が増えため、仕事中はいつもラジコで全国さまざまなラジオ局の番組を流しています」

 梅田編集長「毎週聞いている深夜番組、たとえばTBSラジオの『JUNK』などをタイムフリーで流すのもいいのですが、どうしても気がそちらに行きすぎるので、もう少し『聴き流し』ができる番組をセレクトするようになりました。特に自宅での仕事はひとりの世界です。『今』喋っている誰かの声を求めたくなります。自然、生放送のワイド番組を聴くようになっていました」

ワイド番組の魅力とは

 ーー初歩的な質問で恐縮ですが、ワイド番組というのは長時間番組という意味でしょうか。

 梅田編集長「厳密な定義はないのですが、今回はワイド番組=およそ90分以上の番組に限定しております。特にAM局の平日の場合、2〜3時間くらいの生ワイド番組が、午前、昼、夕方にかけて合計3〜4番組ほど編成されています。その番組内で全国ネットの10分程度の箱番組(番組内番組)が組み込まれていることが多いのですが、基本はどこも自社制作。その地方の大御所タレントやベテランアナウンサーさんを据えて帯で長年やっていたり、女性パーソナリティをメインに据えてやったりと、各局それぞれの特徴が出るのが平日のワイド番組だと思います」

 梅田編集長「一方、土日も午前や昼〜夕方に2時間程度の番組が編成されることも多く、ここでは休日にぴったりな、まったりとした番組が目立ちます。夜はキー局の番組をネットするのが普通なので…最近はポツポツ夜も自社番組を制作する局が出てきているのにも注目ですが、それぞれのラジオ局の個性を楽しみたいのであれば、『ワイド番組』なのです」

地方ならでは交通情報や降灰予報も

 ーー私もラジコで知らない土地のニュースや交通情報、CMを聴くと刺激になります。

 梅田編集長「午前、昼、夕方のワイド番組は、ニュース、交通情報、天気予報、音楽、さらにはラジオショッピングなど、流しっぱなしでも決して邪魔せず、心地よく流し聴きできる内容が多い上に、たまにふと耳に入ってくる『今』の情報がとても役立つものだったり、ほっこりしたリスナーのお便りに心が和んだりすることも。耳慣れない地名が流れる交通情報や、その地域独自の情報、たとえば鹿児島県のMBC南日本放送では桜島の降灰予報などを聴くのも楽しいものです」

付録の一番の目玉は…

 ーー付録の内容を教えてください。

 梅田編集長「紙幅の関係もあり、ローカル番組とAM局に限定させてもらい、局の担当者の意向も伺いつつセレクトした結果、今回は352番組を紹介しています」

 梅田編集長「単に放送局別に羅列する方法もあったのですが、平日帯番組、月〜日の8つに分け、さらに時間帯を早朝・朝・昼・夕方・夜・早朝の6つに分けて掲載。生放送がほとんどなので、『今』聞ける番組が検索しやすいようになっています。放送局、放送時間、出演者(写真付き)のほか、番組の聴きどころも100字程度で簡潔に説明していますので参考にしてください」

 梅田編集長「一番の目玉は全民放AMラジオ47局を網羅しているところ。もともと本誌は『全国のラジオ番組が楽しめる』に主眼をおいていますので、新しいお気に入り番組との出会いに繋がれば嬉しいです」

ワイド番組大全は「初めての試み」

 ーー今までこのような付録はなかったのでしょうか。

 梅田編集長「これまで『女性パーソナリティ名鑑』『男性パーソナリティ名鑑』を出してきましたが、今回の付録は初めての試みです。ラジコプレミアムの登場でリスナーにとってはキー局もローカル局も同じです。全国のラジオ番組、ラジオパーソナリティを広く紹介できる付録企画を今後も考えております」

 ーーFM編の予定は。

 梅田編集長「今回は泣く泣くAMのみとさせてもらいました。FMは朝、昼の時間帯でも全国ネットの番組が多いのですが、それでも自社制作の番組も必ずあるので、またの機会にご紹介できたら、と思っています」

▽「ラジオ番組表2021年春号」4月27日全国発売。表紙は、虹のコンキスタドール、でんぱ組.incのメンバー根本凪さん。A4変256ページ。税込1320円。AM、FM、ラジオNIKKEIあわせて103局の最新タイムテーブルと、新番組情報を掲載。特集は「熱きローカルラジオ」。地方局で活躍するパーソナリティ11人にインタビュー。付録「全国ローカルワイド番組大全−AMラジオ編−」はB5判カラー64ページ。

(まいどなニュース・金井 かおる)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • ラジオライフではありませんでした!
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ラジオのワイド番組。平日午前はCBCラジオ「つボイノリオの聞けば聞くほど」。午後はKBCラジオ「PAO〜N」をよく聴いている。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定