佐藤健、食事と間違えて“お寺の祈祷”を予約 蒼井優が明かす「抜けているところもあります(笑)」

0

2021年04月23日 20:15  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真食事と間違えて“お寺の祈祷”を予約したことを明かされた佐藤健 (C)ORICON NewS inc.
食事と間違えて“お寺の祈祷”を予約したことを明かされた佐藤健 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の佐藤健、青木崇高、女優の武井咲、蒼井優が23日、都内で行われた映画『るろうに剣心 最終章 The Final』初日舞台あいさつに登壇した。

【動画】佐藤健&武井咲&新田真剣佑ら『るろ剣』豪華キャスト陣が初日舞台挨拶に集結!

 2012年公開の『るろうに剣心』から神谷道場メンバーとして出演してきた4人。イベントでは「私だけが知っている佐藤健の一面」を聞かれ、蒼井は「パート1のときに、私が誕生日を迎えて、ご飯に行くことになったんです。それで、佐藤さんが予約をとってくださった」といい「うまく会話が噛み合っていなくて、タクシーでみんなで行ったら寺に着いたんです(笑)」と暴露。

 続けて「一生懸命予約してくれたのが“祈祷”だった…。完璧に見えても抜けているところもあります(笑)」と当時を振り返った蒼井に、佐藤は「誕生日なのに、申し訳ないです」と思い出し「せっかくだから寺に行きましたね」と話していた。

 さらに、青木も佐藤の裏話を披露。「第1作のときだったんですが、焼き肉に行ったときに、ハラミのたれを頼んだときに、ちょうどそのお店がハラミを切らしていて。(佐藤が)すごい顔してた」と当時の顔を再現して、会場の笑いを誘っった。

 この日は、新田真剣佑、江口洋介、大友啓史監督も出席した。

 本作では、志々雄真実(藤原竜也)との死闘の後、神谷道場で平和に過ごした剣心たちに突如として攻撃が開始され、明かされなかった剣心の過去と消えることのない十字傷への謎につながる。原作では最後のエピソードとなる「人誅篇」をベースとした縁(新田)とのクライマックスが描かれる『The Final』、剣心が過去を語る「追憶篇」がベースとなる『The Beginning』(6月4日公開)の2部作で描かれる。


動画を別画面で再生する



    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定