佐藤健、普段の温厚な性格からは想像できない“怒”エピソードとは?<るろうに剣心>

1

2021年04月23日 22:19  モデルプレス

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

モデルプレス

写真佐藤健 (C)モデルプレス
佐藤健 (C)モデルプレス
【モデルプレス=2021/04/23】俳優の佐藤健が主演を務める映画『るろうに剣心』シリーズ最終章『るろうに剣心 最終章 The Final』(4月23日公開)の初日舞台挨拶が23日、都内で行われ佐藤をはじめ、武井咲、新田真剣佑、青木崇高、蒼井優、江口洋介、メガホンをとった大友啓史監督が登壇した。

【写真】佐藤健、武井咲との再会「ママになられたと聞いていたので、結構怖かった」

◆青木崇高、佐藤健の“怒り”ポイント明かす

MCに、“共演者しか知らない佐藤健”について聞かれた武井は、悩みながらも「なんだろう…あまりないのですが、でも、(佐藤は)隠しがちがちですよね(笑)」と普段から完璧な姿だと説明。

すると、すかさずそれを聞いていた青木が、「俺あるけどね」とニヤニヤ顔に。「撮影が終わってから、地方の焼肉屋さんに行ったんですけど、そこの焼肉屋さんにハラミがなくて…」と佐藤が好きなハラミがなかったことを思い出し、「ハラミを頼んで、無かった時の何とも言えない(佐藤の)顔!(笑)あれは忘れません。さっきまであんな良い顔してたのに。『ハラミのない焼き肉屋なんて…』と落ち込んでいました(笑)」とハラミに目がない佐藤の姿を暴露。

佐藤は、「今、傍からそのエピソード聞いてるだけで腹が立った!『なんですって!?ハラミがない!?』と(笑)」と冗談交じりに話し「焼肉屋さんではやっぱりハラミは欲しいですね(笑)」とコメントして会場を笑わせた。


動画を別画面で再生する



◆「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」2 作連続で全国公開

日本映画の歴史を塗り替えてきた同シリーズの究極のクライマックスを飾る『The Final』は、剣心の過去に深く関わる物語として、<十字傷の謎>を知るシリーズ最恐の敵・縁との戦いを描く。常に進化を続ける圧倒的なスケールで描かれるアクションに加え、剣心と縁の感情がぶつかりあうエモーショナルでドラマチックなラストバトルなど、10年の歴史で積み重ねた『るろうに剣心』の全てが凝縮された一本となっている。

そして、物語は時空を超え、明治から幕末へ。これまでのシリーズとは全く異なる雰囲気で描かれる『The Beginning』(6月4日公開)は、「なぜ、剣心は2度と人を斬らないと誓ったのか?」というシリーズ最大の謎に迫る『るろうに剣心』始まりの物語であり、「絶対に描きたかったエピソード」と主演の佐藤をはじめ、大友監督率いるスタッフ陣が並々ならぬ想いで作り上げたシリーズ最高傑作となっている。(modelpress編集部)


【Not Sponsored 記事】
    ニュース設定