「娘を上級に昇級させて」習い事の先生にゴリ押し!するとトラブルに発展してしまい……【後編】まんが

1

2021年04月23日 23:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
学校の都合で夕方のレッスンに間に合わないので、「上級クラスに進級させてほしい」と先生にお願いしたのに、スルーされてしまいました。

私は安堵し、心の底から喜びました。 昇級試験は免除で「そのまま上級クラスへ入ってよい」とのことでした。 娘は聞いた瞬間は首をかしげていましたが、それでも喜んでくれました。

【後編】習い事2
本当は心の奥底で思っていたのです。うちの子を差し置いて、年下の、しかもレッスン歴の浅いリナちゃんが昇級するのが悔しくて。レッスンの開始時間とは全く別のところで嫉妬して。何とかうちの子を昇級させてあげたくて…… 自分の心はなんて醜かったのでしょう。
【後編】習い事3
それから娘は目の色を変えて、練習を頑張りました。 レッスンでは最後までフロアの片隅で練習。わからないところは何度も先生に確認し、必死でくらいついていきます。自宅でも時間があれば鏡の前で自主練。 娘のひたむきな情熱に感動しました。 この子は何て強いんだろう。何てまっすぐなんだろう。 それに比べて私は、何て浅はかだったんだろう……。

【後編】習い事4
「娘を試験なしで、ごり押しで昇級させた」という罪はずっと背負い続けるつもりです。 でも、娘は……周囲から認めてもらえつつある。それだけでいいのです。 自分のしたことを深く反省しながら、キラキラ輝く娘を見守り続けて行こうと思います。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・大島さくら 作画・チル 編集・木村亜希

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 娘はバレエだったけど、進級は二年に一度だけ。大きい子はどうしても早く上手になってしまって、小さい子の補助をさせられる。だからお教室を変えたよ。
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定