ヴォレアス、入れ替え戦の初戦落とす 5日に第2戦

0

2021年05月04日 19:02  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真乱れたボールに食らいつくヴォレアス北海道の古田史郎主将(奥左)と越川優選手(同右)=2021年5月4日午後4時53分、三重県伊勢市
乱れたボールに食らいつくヴォレアス北海道の古田史郎主将(奥左)と越川優選手(同右)=2021年5月4日午後4時53分、三重県伊勢市

 男子バレーボール・Vリーグ2部のヴォレアス北海道(北海道旭川市)は4日、三重県伊勢市のサンアリーナで、大分三好ヴァイセアドラー(1部10位)と入れ替え戦の第1戦を戦った。ヴォレアスはほぼ互角の攻撃力を見せたが、サーブミスなどが響き、セットカウント0―3で敗れた。第2戦は5日に行われる。


 ヴォレアスは、第1セット序盤から佐々木博秋選手や古田史郎主将がスパイクを決め、リズムをつかんだ。だが、外国人選手を中心とした大分三好の速攻に徐々にペースを乱された。サーブミスも出て、第1セットを22―25、第2セットを20―25で落とした。第3セットでは終盤に逆転され、23―25で競り負けた。ヴォレアスの古田主将は「多くの方のサポートのおかげで入れ替え戦を迎えることができた。今日は負けたが、明日の試合に全力でチャレンジしたい」と語った。


 ヴォレアスは昨季、入れ替え戦の切符を勝ち取ったが、新型コロナの影響で試合は中止となり、2部に残留。再び入れ替え戦に臨んだ今季は、対戦相手の大分三好のチーム関係者に感染者が出て、試合は当初予定から1カ月遅れ、無観客となった。(井上潜)


朝日新聞デジタルで読む
    ニュース設定