Twitter、有料サービス立ち上げに向け広告非表示ツールのScrollを買収

0

2021年05月05日 08:21  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真 Scrollのサービス。広告なしでメディアの記事が読める
Scrollのサービス。広告なしでメディアの記事が読める

 米Twitterは5月4日(現地時間)、サブスクリプション制広告非表示サービスを手掛ける米新興企業Scrollを買収すると発表した。買収総額は非公表だ。Twitterが構想中のサブスクリプションサービスにScrollの機能を統合する計画。



【その他の画像】



 Scrollは2016年創業のニューヨークに拠点を置く非公開企業。同名のサービス「Scroll」は、月額5ドルで広告やポップアップなどを表示せずに多数のメディアの記事を読めるようにするというもの。



 広告をブロックするのではなく、Scrollが参加メディアに対して広告非表示の対価を支払う。Scrollが5ドル中の1ドル50セントを得、残りをユーザーが閲覧した時間に基づいて参加メディアに分配する。



 Scrollによると、参加メディアは従来より収益が40%増え、滞在時間は28%増え、ページビューは15%増えたという。



 Twitterは公式ブログで「現在検討中のサブスクリプションサービスの一部にScrollを含める予定だ。Twitterのサブスクリプション会員は、お気に入りのメディアの記事や、Revueのニュースレターを広告なしで読めるようになるだろう」と説明した。Revueは、Twitterが1月に買収を発表したニュースレター配信企業だ。



 Scrollは公式ブログで、「TwitterがSpaces、Revue、Scrollでやろうとしていることを見れば、Twitterがクリエイターを搾取するのではなく、クリエイターが作り出す価値を高めることを重視していることが分かる」としている。



 TwitterはSpacesで、将来的にはユーザーがチケット制の有料チャットルームを開設できるようにする計画だ。



 Scrollの現行サービスは、一時的にサインアップを停止する。既存のユーザーと参加メディアのサポートは継続し、このサービスに関心のあるメディア向けのサインアップページも用意されている。Scrollが2018年に買収したメールサービスのNuzzelは6日にサービスを停止する。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定