「はじめまして」はガラス越し 感染対策の新生児面会

38

2021年05月05日 10:09  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

写真男児を出産した熊谷幸子さん(38)は窓越しに家族と面会を果たした=2021年4月30日午前、埼玉県幸手市、瀬戸口翼撮影
男児を出産した熊谷幸子さん(38)は窓越しに家族と面会を果たした=2021年4月30日午前、埼玉県幸手市、瀬戸口翼撮影

 新型コロナウイルスの感染防止対策のため、新生児との面会を制限している埼玉県幸手市の医療法人社団「ワイズレディスクリニック」では、「ご家族が安心して会えるひとときを用意したい」と、病棟一階のロビーに「窓越し面会」のスペースを設けている。


 面会に訪れた人は携帯電話を通じて会話し、退院まで触れることができない赤ちゃんに、ガラス一枚隔てて寄り添っていた。


 「体調はどう?」。生後4日の男の子を抱きかかえた熊谷幸子さん(38)に夫の亮さん(38)はそう気遣って手を振りほほえんだ。幸子さんは「家に帰って早くこの子を抱かせてあげたい」と笑顔で話した。(瀬戸口翼)


朝日新聞デジタルで読む

このニュースに関するつぶやき

  • やはり今現在の日常は、異常事態だと再認識しました。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 「病院の対応は過剰だ」というつぶやきが多くてびっくりした。 病院だし、とにかくウイルスを持ち込まれたくないって思うのは当たり前と思うけど…
    • イイネ!18
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(27件)

ニュース設定