ただ「ぐるぐる」してるだけじゃなかったんだ... 名古屋駅のシンボル「飛翔」はかつて光る噴水だった

144

2021年05月05日 21:10  Jタウンネット

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Jタウンネット

写真 Wikipedia commonsより、Alpsdakeさん撮影
 Wikipedia commonsより、Alpsdakeさん撮影

[ドデスカ - 名古屋テレビ] 2021年4月29日放送の「望木のイマネタ!」のコーナーで、名古屋駅東側のシンボル、「ぐるぐる」したオブジェについて紹介されました。

名古屋駅東側のシンボル、ぐるぐるした巨大のオブジェ。正式タイトルは「飛翔」といい、1989年名古屋市政100周年を記念して、建造されたもの。

高さ23メートル、横21メートルの大きさで、30年以上、名古屋の玄関口の象徴として、親しまれてきました。

実はこの「飛翔」、ただぐるぐるしているわけではなく、1989年〜2001年まで、光る噴水として、名古屋の街を光と水で幻想的に包み込んでいたんだそうです。

水が車にかかると苦情が...

しかし、交通量の多い名古屋駅前、「飛翔」の水が車にかかると苦情が出るようになり、冬には、その水で道路が凍結し、事故の原因になる恐れもあったことから、噴水を停止。

さらに、ライトアップも光ファイバーや冷却装置の故障が絶えなかったことから、こちらも停止。今は、ただ、ぐるぐるしているだけになってしまいました。

そんな「飛翔」も、リニア中央新幹線の開業整備に向けた、名古屋駅周辺の整備に伴い今年度中に撤去され、その後は、名古屋駅から2キロほど離れた高速道路の下に再構築される予定だそうです。

今はただぐるぐるしているだけとはいえ、多くの人に愛されていたようで、「さよなら飛翔」と題したぐるぐるの中を見学できるイベントには、定員の10倍以上の申込があったそう。

あの風景がなくなるのは寂しいですが、次はどんな風景になるのかも楽しみですね。

(ライター:iwatami)

(5月6日15時0分編集部追記:記事初出時、本文中に脱字がありましたので修正しました)

このニュースに関するつぶやき

  • デザイン都市なごやでそこら中に噴水や流水公園とか作ったけど結局全部止めてんの。近所の噴水も何年も止まってた。潰して公民館的施設になるらしい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 車に噴水の水がかかってクレームがきて止めたって、車に水がかかるくらいいいだろ?って思う。
    • イイネ!26
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(85件)

ニュース設定