楽天・三木谷浩史「父のがん治療には間に合わなかったが」 光免疫療法に懸ける思い

0

2021年05月06日 10:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真三木谷浩史氏(楽天提供)
三木谷浩史氏(楽天提供)
 がん細胞に光を当てることで薬剤が反応し、がんを破壊する「光免疫療法」。その実現のために個人出資をし、2020年、日本で薬事承認・保険収載されるまでをリードしたのが三木谷浩史氏だ。開発者・小林久隆医師のインタビューに続き、現在発売中の『手術数でわかる いい病院2021』(朝日新聞出版)から三木谷氏のインタビューを掲載する。

【写真】開発者の小林医師と三木谷氏のツーショット
*  *  *
■がんの父を救うため世界中で治療を探した

 父・三木谷良一に末期の膵がんが見つかったのは2012年でした。治療が難しいがんだと聞き、最初はとてもショックを受けました。経済学者であり、社会学者でもあった父の考え方が私の人生に与えた影響は、非常に大きいものでした。

 闘病中はほぼ毎日会いに行き、それまで以上に一緒の時間を過ごしました。本人は苦しかったと思うのですが、気丈に振る舞っていました。病床から仕事のアドバイスをもらったりしていました。

 じつは父のがんを知ったとき、私はすぐに「なんとかなるはずだ」と考えました。アントレプレナー(起業家)の癖です。今までひとごとだったがんについて、素人ながらいろいろな論文を読み漁りました。がん治療の権威がいると聞けば、サンフランシスコ、サンディエゴ、ニューヨーク、パリなどに飛び、父を救う治療法がないかを探りました。

 そんな時、光免疫療法の研究について紹介を受けました。楽天市場に出店しているワッフルケーキ店の社長のいとこが、小林久隆先生だったのです。

■1週間で3度会い信頼できる人だと感じた

 小林先生とは1週間で3度お会いしました。とても気さくで、話もわかりやすく、信頼できる人だと感じたのを覚えています。光免疫療法について、友人の医師の意見は半々に分かれました。可能性を感じる人もいれば、「非臨床でうまくいっても、人間にはうまくいかない」と言う人もいました。

 ただ私は、化学療法や免疫療法と違い、「光に反応した物質が作用して、物理的に細胞を破壊する」という点に目が向きました。どれぐらい効くのかはわからないが、ある程度効果があるのではないか、と感じました。

 父の治療には間に合わないかもしれない。しかしそれがきっかけで、たくさんのがん患者さんが助かるような治療法にたどり着く可能性があるのだとしたら、懸けてみる価値はある。そう思い、出資を決めました。

■早く承認されれば多くの命を救える

「あと3カ月ぐらい」と言われていた父は、その後1年近く生き、13年に亡くなりました。よく頑張ったと思います。最後まで立派でした。

 父の治療には間に合いませんでしたが、光免疫療法は15年からアメリカで治験が始まりました。その費用のほぼ全てを個人出資しました。アントレプレナーは自分が稼いだお金を、世の中の役に立つところに投資していくべきだと思ったのです。

 20年3月、光免疫療法で用いる新薬について、条件付き早期承認制度(条件付きで一部の臨床試験を経ずに薬事承認を受ける制度)を利用して厚生労働省に申請し、同年9月に承認されました。わずか半年の審査期間でしたが、小林先生が光免疫療法の論文を発表してからは10年が経とうとしています。

 とくに治験には膨大な時間と巨額の投資を要します。もちろん重要なプロセスではありますが、治療が受けられるまでのタイムラグや高い治療費につながると、残念ながら治療を受けられずに亡くなる患者さんも出てきてしまいます。この点で、条件付き早期承認制度のさらなる活用を促進することが、今後の医療界にとって極めて重要だと考えています。

 がん治療は今、すさまじい勢いで進化しています。すべてのがんを克服できるとはまだ言えませんが、このスピードで研究が進化し、承認が進んでいけば、多くの方が早期にがんを発見し、治療できるようになる。私はそれに懸けたいと思っています。

■三木谷浩史(みきたに・ひろし)
楽天メディカル社会長兼CEO。楽天代表取締役会長兼社長、楽天メディカルジャパン代表取締役会長。アスピリアン・セラピューティクス社に出資し、2019年、社名を楽天メディカル社に変更。同社は「がん克服。生きる。」をミッションに掲げる。

(文/白石圭)

※『手術数でわかる いい病院2021』より

    前日のランキングへ

    ニュース設定