食品サンプル工作キットに「昔ばなし飯」 所要時間約90分の難易度高め

37

2021年05月06日 16:31  おたくま経済新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

写真食品サンプル工作キットに「昔ばなし飯」 所要時間約90分の難易度高め
食品サンプル工作キットに「昔ばなし飯」 所要時間約90分の難易度高め

 「全国グルメ食品サンプル工作キット」の第5弾となる「新潟:昔ばなし飯メモクリップ(税込2980円)」が株式会社デザインポケットより販売されています。食品サンプルを作る工程がたのしめ、仕上がったら目立つメモクリップとして使用できます。


【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】


 「全国グルメ食品サンプル工作キット」は47都道府県のご当地グルメを作れるキットを毎月1つずつ発売していくという企画商品。飲食店向けのデザイン会社から突如食品サンプル会社に転業した異色の経歴を持つ株式会社デザインポケットが、日本独自の文化である“食品サンプル”の衰退を防ぐために立ち上げた斬新で挑戦的な企画です。


 第5弾のテーマは新潟のお米。「新潟:昔ばなし飯メモクリップ」は日本昔ばなしにでてくるようなつやつやでこんもりとしたご飯をリアルサイズで再現できる工作キットです。


 難易度は「むずかしい」とされており、所要時間は約90分。米の扱いが難しいものの作りごたえのある商品とのこと。夏休みの工作やワークショップなどのイベント開催にもおすすめだそうです。


 キットの内容はデザインポケットが作っているフェイクフード“そっくり米”や上にのせる梅干しの食品サンプル、さらに接着剤やスポンジなど。作成に必要なものがほとんど揃っているため準備も簡単。別で用意するものはカッターやカッターを使用する際に敷くマットくらいです。


 まずは付属の接着剤のフタを開けてスポンジをカットすることからスタート。カットしたスポンジを使って、器に離型剤を塗ります。


 次に“そっくり米“と接着剤を紙コップにいれて、割りばしでグルグル混ぜることで、一粒ずつだった米が適度にくっついたもちもちな見た目のご飯に変身。それを器にギュッと詰めて型をとり、10分乾燥した後にようじを使ってご飯を取り出せばこんもりご飯の出来上がり。


 器にスポンジを詰めてその上にこんもりご飯をセット。メモクリップや梅干しなどの装飾品を付けて、ニスを塗って1日乾燥させたら完成です。


 デスクに置いて「外出中」などのメモをはさんでも可愛い仕上がりに。面白グッズが好きな方へのプレゼントとしても使えそうな逸品です。


 株式会社デザインポケットの公式オンラインショップでは、過去に発売された同シリーズの「大阪:たこ焼き(キーホルダー・マグネット)」「東京:江戸前寿司(マグネット)」「京都:抹茶パフェ(メモスタンド)」「愛知:小倉トースト(小物置き)」も販売中。


 今後「北海道:海鮮丼」「福岡:博多ラーメン」の発売も予定しているとのことです。



情報提供:株式会社デザインポケット


このニュースに関するつぶやき

  • 世の中には「もっそうめし」というのがある。それも作れるようにできたら面白いかもしれない
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • なんか、漫画にほん昔話の漫画飯と言うより、仏壇などに供える陰膳に見える。
    • イイネ!14
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(20件)

ニュース設定