萩原みのり&深川麻衣、“狂った姉妹”が笑顔で撮了 『RISKY』宮近海斗らクランクアップ写真公開

0

2021年05月06日 18:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真MBSドラマ特区『RISKY』をクランクアップした深川麻衣、萩原みのり (C)「RISKY」製作委員会・MBS
MBSドラマ特区『RISKY』をクランクアップした深川麻衣、萩原みのり (C)「RISKY」製作委員会・MBS
 女優の萩原みのりが主演するMBSドラマ特区『RISKY』(25日スタート 毎週木曜深0:59)の最終話(第7話)が、6日放送される。ダウンロード数1700万超えの人気漫画『RISKY〜復讐は罪の味〜』を実写ドラマ化した今作で、結末はドラマオリジナルの展開へ。このほど、劇中で恐ろしい復讐を計画する主人公・広瀬ひなた役の萩原と、その姉・かなた役の深川麻衣、宮近海斗(Travis Japan/ジャニーズJr.)によるクランクアップ写真が公開された。

【写真】宮近海斗も花束片手にクランクアップ

 ひなたは、幼い頃に両親を事故で失い、8歳上の姉・かなたに親代わりで育てられる。唯一の家族だった、かなたは桜井亨(古川雄輝)と婚約し、幸せの絶頂にいたが…。黒田美香(山下リオ)が亨を略奪し、その出来事が引き金となって、ひなたはかなたまで失ってしまう。そして姉の仇を討つため、ひなたは幼なじみで恋人の浅井光汰(宮近)と恐ろしい復讐を計画し、美香と亨を陥れる…。

 第5話からは、原作とは違ったオリジナルストーリーで進行。死んだと思っていたかなたは実は生きていた。姉の為に復讐をしてきたひなただったが、久々に再会したかなたからは予想外の言葉を告げられる。光汰とかなたが関係を持ったと聞き、何もかもが信じられなくなったひなたは正気を失って、道路に飛び込む。

 最終話では病院に運ばれるも、なかなか意識が戻らず、光汰は祈るようにひなたの手を握っていた。また、美香に刺された亨は、美香の病室を訪れるも、面会を断られてしまう。そして、光汰のもとには病院からひなたの意識が戻ったと連絡が来るが、目が覚めたひなたは記憶を失っていた…。

 身の毛もよだつ復讐劇とは裏腹に、撮影現場は春の眩しい日差しのもと、あたたかな雰囲気でクランクアップ。3月某日に撮影した、クランクアップ写真を最終回放送前にドラマ公式SNSで解禁。劇中では狂いに狂った姉妹を演じた萩原・深川と、宮近がカメラと花束を抱えた笑顔あふれる和やかな一枚となっている。
    ニュース設定