息子の誕生日ケーキの支払いをしてくれた女性、親切の理由に母親が心打たれる(米)

1

2021年05月06日 23:01  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真誕生日ケーキの支払いを済ませてくれた女性からのメッセージ(画像は『Cameron Leigh Phillips 2021年4月24日付Facebook「Y’all... I went to pick up Ridges cake today at Harps.」』のスクリーンショット)
誕生日ケーキの支払いを済ませてくれた女性からのメッセージ(画像は『Cameron Leigh Phillips 2021年4月24日付Facebook「Y’all... I went to pick up Ridges cake today at Harps.」』のスクリーンショット)
アメリカに住む女性が、予約した息子の誕生日ケーキを店に受け取りに行ったところ、既に見知らぬ誰かが支払いを済ませていたことを知り驚くこととなった。その親切な“見知らぬ人”は、過去に息子を亡くしていたという。『Mirror』などが伝えている。

米アーカンソー州ジョーンズボロ在住のキャメロン・リー・フィリップスさん(Cameron Leigh Phillips)が4月24日、Facebookに投稿した内容が注目を集めている。

投稿によると、キャメロンさんは4月に3歳となる息子の誕生日ケーキを近所にあるスーパーマーケット「ハープス・フード・ストア」で予約していたそうだ。そしてケーキを受け取る際、キャメロンさんは代金を払おうとすると店員から「既に支払いが済んでいる」と聞かされた。

思いも寄らない親切を受けたことで驚くキャメロンさんに、店員はさらに「ある女性が来店し、現在予約の入っている誕生日ケーキを代わりに支払いたいため、どれか選んでほしいと言われた」と教えてくれた。またケーキには4月22日にその女性が書いたと見られるメモが添えてあり、次のように書かれていた。

「今日は私の息子の37回目の誕生日です。そして彼が天国に行ってから6年が経ちます。息子との思い出のためにあなたのケーキ代を支払わせてもらいました。素敵な思い出を作って楽しんでください。あなたの愛する子供を力強く抱きしめてください。その子がどんなに年をとっていても! ドリューのママより愛を込めて。」

店員によると、この女性は毎年店にやって来て見知らぬ人の誕生日ケーキの代金を支払っているそうだ。キャメロンさんは女性の親切心の奥に亡くなった息子を偲ぶ思いを感じて心打たれたようで、Facebookにこう綴っている。

「私には“ドリューのママ”が誰なのか全く想像がつきません。しかし彼女は本当に優しい心の持ち主です。彼女のおかげで今日は私にとって幸せな一日になりました。そして息子の存在に感謝せずにはいられませんでした。」

「ドリューのママへ、あなたの優しさと私に気づきをくれたことに本当に感謝しています。ありがとうございます。」

キャメロンさんの投稿には、彼女と同様に心打たれた人たちから次のような声が寄せられた。

「この女性は息子を亡くした悲しみに耐えながらも他の誰かに幸せを与えるなんて、とても素晴らしいことだわ。」
「ドリューのママが誰であれ、この投稿を見てくれることを願っています。息子を亡くして傷ついているのに、こんな素敵な親切をしてくれた彼女に祝福を送りたい。」
「実は私も2016年12月23日に息子を亡くしてから、ほかの子供たちのために同じようなことをしているの。」

心優しい“ドリューのママ”の行いはキャメロンさんだけでなく、彼女の投稿を目にした多くの人を幸せな気持ちにさせてくれたようだ。

画像は『Cameron Leigh Phillips 2021年4月24日付Facebook「Y’all... I went to pick up Ridges cake today at Harps.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

このニュースに関するつぶやき

  • 見よ 若者よ。これが筆記体
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定