【独自】神戸の専門学校で約30人のコロナ新規感染者 「クラスター」化するも公表せず

217

2021年05月07日 07:05  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真兵庫県の井戸敏三知事(C)朝日新聞社
兵庫県の井戸敏三知事(C)朝日新聞社
 緊急事態宣言が5月末まで延長されることが決まった兵庫県。神戸市内にある専門学校で新型コロナウイルスの新規感染者が約30人に上り、クラスター化しているにも関わらず、学校側が一切、公表していないことが、AERAdot.編集部の調べでわかった。厚生労働省では「5人程度の発生」がクラスターの目安としている。

「クラスター発生だと思います。しかし学校側はそれを認めないので
先生や学生が困っている」(学校関係者)

 情報提供があり、本誌が取材したところ、現在までこのA専門学校でクラスター発生というアナウンスはされていない。A専門学校は今年の入学式の資料によれば1年生から4年生まで合計約550人の学生が在籍し、ベトナムなど海外留学生が大半だという。

 新規感染者がはじめて発覚したのは4月16日朝の会議だったという。ある外国人留学生が陽性で、その3日後にA専門学校の職員が感染した。さらに別の先生が、体調が芳しくなく体温を測ったところ発熱を確認し、早退した。前出の学校関係者はこう証言する。

「会議で学校の責任者から『コロナで陽性となった先生のクラスの学生にはこのことは話すな』と指示されました。先生が感染していれば、学生も濃厚接触者となる可能性がある。すぐに調べなきゃいけないはず。A専門学校では、4月7日に神戸市内のホールで入学式を開催しましたが、かなりの三密だったので影響していたのかもしれない」

 見せてくれた入学式の座席表はギッシリと着席するものになっていた。
さらに4月21日頃になって、19日に発熱し、早退した先生の陽性が判明した。その後、学生には「兵庫県で新型コロナウイルスが感染拡大」という理由で、帰宅させオンライン授業に切り替えた。

「本当の理由は兵庫県の感染拡大というより2人もの先生がコロナ感染したからなのですがね」(前出・学校関係者)

 さらにA専門学校の学生に取材すると、こう証言した。

「先生がコロナ感染したとゴールデンウイーク中くらいに聞いた。それまで兵庫県がコロナで緊急事態宣言だというので、オンライン授業になったと思っていた」

 4月22日は2人、23日には1人の先生や職員が感染が判明した。学校側は職員らには自分自身でPCR検査を受けるようにと、6000円が入った封筒が手渡された。

 ゴールデンウイーク中はA専門学校も休みで、アルバイトに行く学生が多くみられたという。A専門学校のアルバイト先として知られる東証1部上場の食品メーカーの傘下にある兵庫県内の食品製造会社でも複数の陽性者が確認されたという。

 その食品製造会社のホームページでは4月19日と20日に陽性者が
いたと公表されている。そして直近のホームページでは<保健所の指示に従い感染拡大防止と安全確保を最優先に適切な対処を実施>などと記されている。

「うちの学生は、よくこの食品製造会社でアルバイトをしています。学校で最初に発覚したのは4月19日。そこからみれば、ゴールデンウイーク中はちょうど2週間。学校がゴールデンウイーク中、学生にアルバイト自粛、ステイホームなど指導をした形跡はない。うちの学生がクラスター発生源になっていないか、心配でなりません」(前出・学校関係者)

 A専門学校の朝礼で責任者が職員らに現状を話している発言内容を入手した。

<やっぱり(学校でコロナが)まん延しているかもしれない。留学生からかなぁとも思ったりもしていますが、無症状で(コロナを)持ってて、学校なのか、どこか(感染源が)わからない>

<コロナ(感染者がいる)のこと隠している? そんなんじゃない。何かあったら公表しますが、うちは私学、必要じゃないこと公表しない>

 「隠ぺい工作」と思われるような発言も含まれていた。

 AERAdot.編集部でA専門学校の責任者に取材をすると、複数の感染者が
出ていることを認めた上で、こう話した。

「学校としては学生にマスクに検温などコロナ対策はしていた。先生や職員などについても同様です。陽性者の先生から『保健所から学校が感染ルートではない』と聞かされました。兵庫県、保健所にも報告をしている。学校で口止めなどはしていない」

「保健所が来られると聞いているが、まだ来ていません」

 4月21日からオンライン授業に切りかえて、対策を講じているというが、最初の感染者確認は4月16日だった。そこを指摘すると、先の責任者は、こう声を荒げた。

「あなたは保健所でもない。なぜそんなことを答えなきゃいけないのか」

 AERAdot.編集部で神戸市保健所も取材した。

「クラスター発生など、コロナ感染の個別の名前、会社名などの公表は原則していません。個別の調査がどうなっているかのお答えは差し控える。
必要な調査、対応はしています」

 続いて兵庫県私学教育課を取材すると、こう答えた。

「ご指摘のA専門学校で先生や学生、30人近い感染者がいるという報告は受けています。クラスター発生などは保健所の管轄になります。昨年、緊急事態宣言で学校を休校にした時に賛否が多かったので、県として一定、助言は致しますが、A専門学校は私学なので、最終的に公表は学校の判断に任せるしかない」

 兵庫県では、4月初旬から300人を超す新規感染者を記録。ゴールデンウイーク前、4月24日は629人と過去最多を更新した。5月5日には、死者が過去2番目の13人だった。

「感染後、重症化している先生もいると聞いています。早く学校はコロナ対策をとってほしい。このままで感染者が増えてしまう」(前出・学校関係者)

 兵庫県に対する緊急事態宣言が延長される見込みだが、感染対策は万全を期してほしい。(今西憲之)

【おすすめ記事】吉村大阪府知事も注目「なぜ歯科医院ではクラスターが発生しないの?」 歯科医に聞いてみた


このニュースに関するつぶやき

  • 神戸だもの…よつを
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 一部のバカのせいでコロナは広がるんだろう。問題は一部のバカが全世界に蔓延ってるって事だな。
    • イイネ!94
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(152件)

ニュース設定