エンゼルス・大谷翔平、衝撃の第10号…5月中の2ケタ到達は日本人最速

101

2021年05月07日 12:02  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真今季10号を放ったエンゼルスの大谷翔平
今季10号を放ったエンゼルスの大谷翔平
◆ 凄まじい打球音を残して右中間スタンドへ…

 エンゼルスの大谷翔平選手(26)は現地時間6日(日本時間7日)、本拠地で行われているレイズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。

 3回裏の第2打席に右中間スタンドへ叩き込む今季第10号の2ランを放った。




 前日は投手専念のため打順からは外れ、現地4日以来の打席となった“二刀流”。

 初回の第1打席はコリン・マキューの前に空振り三振に倒れたが、第2打席ですぐにアジャストして見せる。

 味方が1点を先制し、なおも二死二塁で巡ってきた打席。その初球、変化球をひと振りで捕らえると、打球は凄まじい快音を残してあっという間に右中間スタンドへ。今季第10号の2ランを叩き込んだ。



 打者としての28試合目の2ケタ本塁打到達は、2019年に自身が記録した「44試合」を更新する日本人メジャーリーガーの最速記録。

 ちなみに、その年は手術明けの影響で10号到達が6月27日だったため、“日付”で見る10号の最速記録は2004年の松井秀喜(ヤンキース)が記録した6月4日。今季の大谷はその記録も1カ月近く塗り替えて見せた。


 2004年の松井は最終的にシーズン31本塁打を記録。このペースで行けば、シーズン40本塁打、夢の50本塁打というところも現実味を帯びてくる。

 投手を並行して行う“二刀流”の完全復活イヤーのなかで、本塁打をどこまで伸ばしていくことができるか。今後も目が離せない。

このニュースに関するつぶやき

  • 不本意に終わった昨年の鬱憤を晴らすかのような大車輪の活躍だのう。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ビッグフライオオタニサン。漫画の世界を軽く超えてますね。ホントに素晴らしい選手だな! https://mixi.at/a8bTTql
    • イイネ!32
    • コメント 7件

つぶやき一覧へ(60件)

ニュース設定