アニメ『ポケモン』シゲル、約12年ぶりに登場へ 小林優子が続投で「ワクワクして待っていました!」

133

2021年05月07日 19:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真サトシのライバル・シゲル(右)=アニメ「ポケットモンスター」の場面カット (C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon
サトシのライバル・シゲル(右)=アニメ「ポケットモンスター」の場面カット (C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon
 28日放送の人気アニメ『ポケットモンスター』(テレビ東京系 毎週金曜 後6:55〜)に、主人公・サトシの生涯のライバルであるシゲルが、約12年ぶりに登場することが7日、発表された。あわせて担当声優の小林優子からコメントが寄せられた。

【画像】モンスターボール片手にドヤ顔するシゲル 担当声優の小林優子のお姿も

 28日放送の「ゴウにライバル!?ミュウへの道!!」では、久しぶりにマサラタウンのオーキド研究所を訪れたサトシとゴウが、オーキド博士から、本格的にミュウを探索するチーム、「プロジェクト・ミュウ」がメンバーを募集していることを聞かされる。「すべてのポケモンをゲットし、ミュウにたどり着く」という夢を持つゴウにとって「プロジェクト・ミュウ」の目的は夢を実現するための一歩。

 一方、サトシはオーキド研究所に預けていたゴウカザルが最近姿を見せないと知り、ゴウと一緒に探しに行くことに。その途中、出会ったのはなんとサトシの幼なじみでライバルのシゲルだった。カントー地方へは“ある目的”で戻ってきており、どうやら伝説のポケモン、ファイヤーが関係している様子で、シゲルの目的が描かれる。

 シゲルはオーキド博士の孫であり、サトシとは幼馴染で生涯のライバル。現在は祖父と同じくポケモン研究者の道を進むシゲルの声は、1997年に放送されたテレビアニメ『ポケットモンスター」から引き続き小林が担当する。

 小林は「約12年ぶりのシゲルの登場ということで、私も皆さんと同じくワクワクして待っていました! 久しぶりにシゲルを演じるにあたってスタジオに入った瞬間はとても緊張をしていたのですが…ずっと変わらずにいてくれるサトシの声を聞いたら、自然とシゲルに戻ってこられました」と告白。

 「いつもどこか斜に構えているシゲルですが、今回はまた違った彼の魅力を皆さんにお届けできるのではないかなと思います。真っ直ぐ自分の目標に向けて情熱を傾ける彼の姿にぜひ注目していただけたらうれしいです」と呼びかけた。

 1997年より放送中のアニメ『ポケモン』は、今作でシリーズ7作目。今までに登場したすべての地方が舞台で、それぞれの地方に生息するさまざまなポケモンたちも登場し、W主人公のサトシとゴウが、相棒のピカチュウたちとともに各地を冒険するストーリー。

このニュースに関するつぶやき

  • 今週のアニポケ見なきゃ…シゲル(ガラルの姿)楽しみ…そういやオーキド博士の後継誰になったんだろう(もうあの声は聴けないのよね)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • やぁーサートシ君。久しぶ…誰だお前はぁ!!?
    • イイネ!43
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(70件)

オススメゲーム

ニュース設定