巨人のエースにアクシデント…?菅野が4回・51球、無失点の状況で降板

33

2021年05月07日 19:42  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真巨人・菅野智之 (C) Kyodo News
巨人・菅野智之 (C) Kyodo News
◆ 桑田コーチと話し込むシーンも…

 巨人の菅野智之投手(31)は7日、本拠地で行われているヤクルト戦に先発登板。

 4回まで51球、被安打2、無四球の3奪三振で無失点という好投を見せていたが、3点リードの4回裏、打順が巡ったところで代打のコール。責任イニングを待たずに降板となった。




 押しも押されもせぬ巨人の大黒柱。今季もここまで5試合に登板して2勝2敗も、防御率は2.13と安定した投球を続けていたエースが、この日は思いもよらぬ形でマウンドを降りた。

 3回まで2安打、危なげなく無失点で投げ進めた菅野は、4回も3番からの中軸を3人斬り。テンポ良くゼロを刻んでいく。

 その中で打線も初回から坂本勇人とゼラス・ウィーラーの連続本塁打などで3点の援護。順調な滑り出しに見えていたが、4回裏にまさかの事態が起こる。



 二死走者なしで9番・菅野の打順になったところ、原辰徳監督が代打をコール。エスタミー・ウレーニャが登場し、菅野は試合から退くこととなった。

 直前の4回表のマウンドでは異変らしい異変は見られなかったが、ベンチに戻ると相川亮二バッテリーコーチから声をかけられ、そのままベンチに座ったまま今度は桑田真澄投手チーフコーチ補佐と話し込むシーンも。

 表情には悔しさがにじみ、しばらくベンチに留まって話をしていたが、代打が告げられたところで道具を持ってダグアウトへ。5回表のマウンドには野上亮磨が登場した。


 4回を投げて51球、快調な投球を続けていた中での突然の降板となると、やはりアクシデント以外では考えづらい。

 故障か、それともどこかコンディションの問題か…。今はとにかく続報が待たれる。

このニュースに関するつぶやき

  • ドラフトでゴネてジャイアンツ入り、メジャーに行かずにジャイアンツ残留。チキン野郎ですよね�फ�á��ܤ���
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • ははは...もうオダブツだろ!パンパースカ野。
    • イイネ!21
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(19件)

ニュース設定