上とか下とか、足が汚いとか、そんな固定観念は関係ない!? 寝付きの悪い娘に教えられる「人間の自由さ」

0

2021年05月07日 20:10  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真ここはどこ?私はだれ?そもそも私の頭の上に乗っているのは…?
ここはどこ?私はだれ?そもそも私の頭の上に乗っているのは…?

子どもって本当に自由ですよね。固定観念が身に付いていないので、大人にとっては絶対的なルールも軽々と破ってきます。泣いたり暴れたりわがまま放題、忖度なしの自由な振る舞いを見ていると、なんだか羨ましい…とすら感じることも。

【漫画】寝付きの悪い娘に教えられる「人間の自由さ」…全編を読む

娘のももみは現在1歳後半ですが、体力があるせいなのか、特に夜は寝つきが悪く、寝かしつけに1〜2時間かかることもしばしば。まだやることがいっぱい残っているのに…と焦燥感に駆られつつ、自分も睡魔と戦いながらの寝かしつけは、もはや苦行です。

ももみも、眠いながらもまだ遊びたい気持ちが勝っているのか、親指を吸いつつ髪の毛をいじくりながら、布団の上を意味なく転がり回ります。え、上下反対になってるし顔に乗り上げられてるんですけど…。イラっとしながら定位置に戻すも、なぜかまた反対向きになり、乗り上げられる。それをエンドレスで繰り返し、もしや直すことで寝つきを妨げているのか!?という気もしてきたり、もはや直すのすら面倒臭くなってきたりして、もうどうでもいいやと放置する夜もあったりします。

大人的には「枕に足を向けるなんて汚い!」とか、「人の顔に乗り上げるなんてあり得ない!そもそも背中痛くないんか!」とか当然思うものですが、子どもはそんなことお構いなし。ああ人間って固定観念に縛られなければこんなにも自由なんだな、という謎の悟りモードで心を鎮め、夜は更けていきます。

   ◇   ◇

ライター・漫画家のタカミ織が、現在1歳後半、眉間にシワが寄りがちな娘「ももみ」との、てんてこ舞いな日常を4コマ漫画で綴っています。

(まいどなニュース/BRAVA編集部)

動画・画像が表示されない場合はこちら

    前日のランキングへ

    ニュース設定