中川大志、地上波GP帯連ドラ初主演 標的に恋する“殺し屋”役「正直ビビりまくっている」

13

2021年05月08日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真7月スタートの日曜ドラマ『ボクの殺意が恋をした』に主演する中川大志
7月スタートの日曜ドラマ『ボクの殺意が恋をした』に主演する中川大志
 俳優の中川大志が、7月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ボクの殺意が恋をした』(毎週日曜 後10:30)で地上波ゴールデン・プライム帯連ドラ初主演を務めることが決定した。中川演じる身体能力もルックスにも長けていながら“殺しの才能はゼロ”という最高に“間が悪い”殺し屋が、ターゲットに恋してしまったことから始まるスリリング・ラブコメディー。中川は「先の見えないこんな今だからこそ、明日が、1週間後の今日が、少しだけ楽しみになるような、そんな時間を作りたいです。楽しい夏にします。待っていてください!」と意気込みを語っている。

【特集】ファンに聞いた、中川大志の好きな作品

 映画『翔んで埼玉』『かぐや様は告らせたい』『ライアー×ライアー』の徳永友一氏がオリジナル脚本で手掛ける今作。自分の育ての親が、“伝説の殺し屋”とは知らない主人公・男虎柊(おのとら・しゅう)は、その“伝説の殺し屋”が何者かに殺されたことで日常が一変。育ての親の仇を討つため「殺し屋家業」を継ぎ、殺し屋になることを決意する。そして用意周到に暗殺ターゲットで人気漫画家の鳴宮美月(なるみや・みつき)に近づくが…。

 殺し屋としての身体能力は申し分ないにも関わらず、自らの間の悪さが災いして、殺そうとしても、どうしても殺せない。逆に、危険が迫るターゲットを守ってしまうことに。恋に落ちてはいけない“落ちるはずもない”二人が、まさかの恋に落ちるロミオとジュリエット的な展開に。そして暗殺ターゲットである美月には他人には言えない秘密を抱えていた。果たしてその正体&狙いとは――。

 起用を受け、中川は「『いつかゴールデンタイムで主演をやりたい』という想いは、この仕事に出会った小学生の頃から、1つの目標として持ち続けてきました。今このタイミングで、新しいステップにチャレンジ出来る事を感謝しています。ここまで、自分の引き出しに何を入れられてきたかは分かりませんが、片っ端から開けて挑んでみたいと思います」と意気込みを語りつつ、「正直ビビりまくっている事は、上手いこと隠していきたいです」と茶目っ気たっぷりにコメントした。

 ぶっ飛んだ設定のキャラクターに「殺意"と"恋"を共存させるという難しいチャレンジを成立させるためには、柊というキャラクターをどう育てていけば良いか、嬉しい悲鳴をあげながら、台本と向き合っています。殺したいのに肝心なところでヘマしてしまう間の悪さ、しまいにはターゲットに心惹かれてしまうピュアさを大切に、視聴者のみなさんが、『こいつまたやっちゃったよ』とテレビの前で笑って呆れてくれるような、愛おしい男の子にしたいなと思っています」と想像を膨らませる。

 中間利彦プロデューサーは「昨年4月のステイホーム期間中に、脚本家の徳永友一さんと練り始めたオリジナルドラマです。閉塞感が漂うこんな時だからこそ、家族みんなでドキドキしながら笑って観れる刺激的なラブコメを作りたい!と思い、企画を練り上げてきました」と制作経緯を説明。「正直かなり振り切ったラブコメです。なかなかハードルが高いものを目指してますが、なかなか新しいドラマになる予感でいっぱいです。ご期待ください」と呼びかけている。

このニュースに関するつぶやき

  • また漫画家が出てくるのかあ。なんか今期も漫画家3人とかいるんだけど来期もいるのね
    • イイネ!1
    • コメント 6件
  • 絶対!絶対!見る!!
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ニュース設定