“あざとさの化身”伊野尾慧、異次元レベルでみな実&弘中アナを圧倒「存在そのものがあざとい」

0

2021年05月08日 06:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真8日放送のバラエティー番組『あざとくて何が悪いの?』に出演するHey! Say! JUMP・伊野尾慧 (C)テレビ朝日
8日放送のバラエティー番組『あざとくて何が悪いの?』に出演するHey! Say! JUMP・伊野尾慧 (C)テレビ朝日
 人気グループ・Hey! Say! JUMPの伊野尾慧が、8日放送のテレビ朝日系バラエティー『あざとくて何が悪いの?』(毎週土曜 後9:55)に出演。かねてよりネットで巻き起こっていた“あざとさの化身”伊野尾の待望論がついに現実化することに。MCの田中みな実は「存在そのものがあざとい」、弘中綾香も「あざと男子の走り」と一目置く存在である伊野尾の異次元レベルのあざとさに、南海キャンディーズ・山里亮太を含めたMC3人は圧倒されることとなる。

【写真】みな実&弘中アナらMC陣も驚き

 MC陣から立て続けに「かわいい!」「返しが秀逸。頭の回転が速い!」「手がきれい!」と褒められ、「うちの父が喜びます。手だけは父さんにそっくりなんで」などとニクい言葉を発し、MC陣をほわ〜んと気持ちよくさせていく伊野尾。田中&弘中もガッツリ魅入られる反面、「意外と全部、本心で言っていない可能性がありますよね」(弘中)、「目の奥は笑ってない…?」(田中)と恐怖すら感じる一幕も。最後には、MC陣がそろって「勉強になった」と、羨望のまなざしを向けた伊野尾の一挙手一投足が見どころとなる。

 そして今回は、伊野尾が自ら持ち込んだ企画も。新曲『ネガティブファイター』(12日発売)のカップリング曲で、ひらめが楽曲提供した『#502』(=ぱぐぴーす)のフレーズにあわせ、メンバー同士で撮り合ったショート動画をYouTubeで公開し、大きな話題に。ところが、伊野尾は内心「これで合ってるのかな? もっとかわいくできるんじゃないかな?」と不安だったそうで、田中&弘中に意見を仰ぐことに。なんと、相談を受けて俄然(がぜん)やる気を出した2人が、かわいい仕草はもちろん、照明から画角まで徹底的にこだわった田中バージョン&弘中バージョンを撮影し始める。果たしてその仕上がりは。放送終了後から番組公式SNS限定で公開される。

 このほか、女優・松本まりかのプライベートに密着する『「松本まりかはあざといのか?」 完全密着の記録』の第3弾も公開では“まりか様”がお買い物へ。なんと、MC陣も「これまでとはちょっと違う」と驚いた新たなまりか様も露見することに。

 また、中村ゆりか演じるパーフェクト美女・アサミと、『MEN'S NON-NO』専属モデル・井上翔太演じる隣室のダイキの恋模様を描く新あざと連ドラ『もしもあざとい美女がお隣さんに引っ越してきたら』の第3話も放送。ABEMAオリジナル恋愛リアリティーショー『恋とオオカミには騙されない』にも出演する女優・川口葵が演じる“最強の刺客・美容院の小野田さん”の登場によって、今回は激しい女同士のマウンティング合戦がぼっ発する。
    ニュース設定