夏も着られるニットって…?群馬のニット産業を救うために誕生した新ブランド「Mebuki」に注目

2

2021年05月08日 13:01  isuta

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

isuta

写真写真

群馬県太田市のニット産業を後世へ残すため、20代前半の地元出身2人組がニットブランド「Mebuki」を立ち上げました。

そこで現在、夏でもさらっと着られるニットが、クラウドファンディング「CAMPFIRE」にて数量限定の特別価格で支援募集中です。

オールシーズンで着られるニットが気になる

ニットといえば寒い時期に着るイメージがありますが、今回紹介するニットはオールシーズンで着られるんです。

製法にもこだわりを持っていて、Mebukiのニットは一着丸ごと編み上げる“ホールガーメント製法”を採用。これは海外高級ブランドでも使われている製法で、カットロスがないため、環境にやさしくサスティナブルな製法なのだそう。

脇に縫い目がないので、従来のニットウェアのようなごわつきがないのも嬉しいポイントです。

ラインナップ紹介

こちらの「SEE THROUGH VEST」(税込1万3450円)は、軽くしなやかで、動くたびに揺れる、表情の変化が楽しいアイテム。

サイドボタンを開けたり留めたりすることで、コーディネートの幅がぐんと広がります。

カラーは、ブラウン、カーキ、生成りの3色展開で、どれも使い勝手がいいので迷っちゃいますね。

オールシーズン着られるので、寒い日にはお気に入りのアウターと合わせてみて。

続いて、「2WAY HENRY NECK」(税込1万1750円)は、前後の区別がない2WAYだから、その日の気分に合わせてコーディネートができます。

素材にはスーピマコットンを贅沢に使用していて、吸水性にも優れているため、夏でもさらっと素肌で着られる涼しいニットなんです。

非常に網目も細く、首元がチクチクしにくく肌が敏感な方でも安心ですよ。

カラーはスカイブルー、ブラウン、カーキの3色展開で、シンプルだけど飽きのこない首元のデザインがかわいいですね。

セットも見逃せない

また、上記2点で税込2万3100円というセットのリターンも展開中。ヘンリーネックとニットベストの相性は抜群です!

クラウドファンディング「CAMPFIRE」にて、数量限定の特別価格でGETできるため、気になる方はお早めにチェックしてみてくださいね。

世界は思っているよりも自由だから、“どんな時でも自分が主役であってほしい”。そんな想いが込められたニット。

こちらのニットをふわっと着て、ゆったりとマイペースに自然体で過ごしてみては。

Mebuki 公式HP https://mebuki.net/

クラウドファンディング CAMPFIRE 購入ページ https://bit.ly/3uBeppi

このニュースに関するつぶやき

  • そういや昔職場で真夏にガチのニット帽、ダッフルコート、マフラー装備の変人がいたなぁ。終ぞニット帽を外しているのを見た事が無かった。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定