NGT48中井りか“炎上女王”が過酷ロケで好感度爆上げ、意外な一面に「凄く貴女の事誤解してました」の声

4

2021年05月08日 17:01  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真NGT48の中井りか“炎上女王”返上か?(画像は『中井りか 2021年5月5日付Twitter「バス旅実況!」』のスクリーンショット)
NGT48の中井りか“炎上女王”返上か?(画像は『中井りか 2021年5月5日付Twitter「バス旅実況!」』のスクリーンショット)
「りか姫」の愛称で親しまれるNGT48の中井りかは、毒舌キャラで自己中心的なイメージをもたれがちである。ところがこのたび鉄道に乗ってゴールを競う過酷なロケ番組で、中井が頑張る真摯な姿にファンばかりかそれまで色眼鏡で見ていた人も胸を打たれたようだ。Twitter上では「ギャップにキュンとした」、「凄く貴女の事誤解してました」などの反響が飛びかっている。

【この記事の動画を見る】

5月5日放送の『水バラ バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅8 春の九州 熊本城〜長崎・平戸城』(テレビ東京系)は“ミスターバス旅”太川陽介、高山一実(乃木坂46)、岩橋良昌(プラス・マイナス)による「バスチーム」と、“鬼軍曹”村井美樹、中井りか(NGT48)、とにかく明るい安村の「鉄道チーム」が1泊2日でゴールを競った。

村井美樹はオンエア前にブログで「負けず嫌いでめちゃくちゃ頑張り屋さんの中井りかちゃん、ほんわかあったかくて頼もしい安村さん」と鉄道チームの人柄を評して、「相変わらず地図は読めないポンコツ軍曹でしたが…お2人に助けられてワンチームで頑張りました!」とロケを振り返っている。


中井りかはTwitterで「浮かれポンチ キュンです #バス旅」と鉄道チームで撮った動画を投稿したり、ライブ配信サービスSHOWROOMで実況したことから 「ショールームとバス旅見てくださった方ありがとうございました…」などとツイートしたところ、視聴者から「体力いる番組だし、細いのに大丈夫かなーって思ってみてたけどめっちゃ頑張っててギャップにキュンとしたよ」、「姫が前向きで感心しました 好感度、爆上げです!」、「正統派アイドルより中井りかの方がいい仕事してる。番組盛り上げてる」などの反響があった。

かつては2018年に文春砲で「半同棲熱愛」をスクープされたこともあり、“炎上女王”と言われるようになった中井りか。その頃に出演したバラエティ番組では「NGT48のメンバーにも『かわいくない』とかズバズバ言っちゃうので反感を買って、グループで孤立している」などと話していた。今年1月5日にはTwitterで「朝が来たら人間はひとりで戦わなきゃいけないのですね、自分の人生の責任は全て自分にあるので がんばろぉ」とツイートして、相変わらずの一匹狼ぶりを漂わせたものだ。

そんな中井りかが、このたびの過酷ロケではチェックポイントのアトラクションに挑戦して真剣な眼差しを見せたり、海でカヤックを漕いだりとチームのために奮闘すれば、自ら「鉄道チーム頑張ろう!」と鼓舞する場面もあり、意外な一面に感心した視聴者が少なくない。Twitter上で「りか姫のバス旅で、姫への世間的評価上がった気がするみたいでとても良き!」というファンの声があるなか、「凄く貴女の事誤解してました、めちゃめちゃ素直な方なのですね」、「炎上キャラ止めた中井りかちゃんは、即断即決の気風の良さや、前向きに鼓舞する姿…見ていて気持ちよかった 元々こういう子なんだろうな」という声も見受けられた。



画像は『中井りか 2021年5月5日付Twitter「バス旅実況!」』『村井美樹 2021年5月4日付オフィシャルブログ「明日は水バラ「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅8」」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

このニュースに関するつぶやき

  • ああなるほどつまり世に言う自サバ女ってやつね。犯罪の片棒担いでた子だったっけ??
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定