「子どもおろして」「妊娠前に別れたらよかった」旦那の言葉が忘れられない。私の選択は【後編】まんが

1

2021年05月09日 08:01  ママスタジアム

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
前回からの続き。子煩悩でとてもいい父親だけれど、カッとなったときはとてもひどいことを言う旦那。別れるべきか、このまま我慢していくべきか……。


出産の連絡を病院から受けて旦那が病室に来ました。「可愛い」と赤ちゃんを見て涙ぐんでいます。そんな旦那を見て湧いた感情は嫌悪。こんなに可愛い子どもをいらないと言ってしまえる旦那……。いくら普段がとても良くても、人間とっさのときは分からないのかもしれません。
後編2

後編3
これからは、喧嘩になりそうだったらすぐに旦那の言い分を録音して、この先少しでもこちらが有利になるように準備をしよう。そう決意することができました。

いくら普段がいい人でも「売り言葉に買い言葉」で人を傷つけては取り返しがつかないことになる。言われたほうの記憶や痛みは簡単に消せない。人に対して発言するときはきちんと考えて、感情的にならないように。自分の発言でリスクを招くこともあるのだと気を付けなければ、と考えるきっかけになったのだと思います。

原案・ママスタコミュニティ 脚本・物江窓香 作画・りますけ 編集・荻野実紀子

■ママスタセレクトで読む

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定