黒いチョビひげが偉そうだけど…臆病すぎる「幻の猫」は甘えっ子

2

2021年05月09日 11:30  AERA dot.

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真キューちゃん(提供)
キューちゃん(提供)
 ペットはもはや大事な家族。読者とペットの愛おしい日常のひとコマをお届けします。今回の主役は、猫のキューちゃん(11歳)です。

*   *  *
 前の猫が10歳で亡くなり寂しかった私に、1年後、友だちが声をかけてくれました。庭に来る雄の黒猫が子猫を連れて来ているので、ぜひ飼ってほしいと。

 見に行くと、長毛で、脚4本と顔から腹は真っ白、胸の毛はフサフサ。鼻の下に黒いチョビひげがあり、その偉そうな顔を見て思わず笑ってしまいました。

 ルパンという名前がいいかと思ったのですが、黒白毛から牛を連想し、その年はまさに丑(うし)年。夫も丑年なのでギューは?と考え、響きよくキュー(写真、雄、11歳)としました。

 とても臆病で、隣人には、「たまにうちの庭で見かけてもすぐに姿が消える」ということで、幻の猫というあだ名をつけられました。子供たち家族が泊まりに来ると逃げ出し、真夜中静かになるまで家に入らないのが困りものです。

 前の猫は活発で、ヘビやモグラの狩りをして、ケガもしょっちゅうでした。反対にキューは、庭に来るよその猫に鳴く声が「来るな、帰れ、僕の家だ〜」と言っているようです。

 抱かれたり、なでられたりするのも嫌がらず、気持ちよさそうにしています。フワフワの柔らかい毛はなでがいがあり、こちらも癒やされます。

 汚れた足を拭こうとタオルを持って行くと、すぐにバタッと横になり、足や体を拭かせます。

 体重は7キロほどあり大きいのですが、甘えっ子で、夜は私の布団の上に来ます。寒いと布団に入れてと入ってきますが、暑くなるのか、すぐまた出て行きます。

 キューちゃん、今年は丑年。前より外出が減り、寝る時間が多くなってきたけど、これからも元気でいてね。(千葉県市原市/69歳/主婦)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。
尚、掲載は本コーナー(外部配信含む)と「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します

※週刊朝日  2021年4月16日号

【おすすめ記事】【岩合光昭】寒いにゃ〜! 鳴いて甘えるラトビアの猫


    前日のランキングへ

    ニュース設定