『コントが始まる』“瞬太”神木隆之介と“母”西田尚美の別れにネット「涙止まらない」

0

2021年05月09日 13:01  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真ドラマ『コントが始まる』第4話場面写真 (C)日本テレビ
ドラマ『コントが始まる』第4話場面写真 (C)日本テレビ
 俳優の菅田将暉が主演を務めるドラマ『コントが始まる』(日本テレビ系/毎週土曜22時)の第4話が8日に放送され、瞬太(神木隆之介)が確執を超えて母・友利子(西田尚美)との別れのシーンに、ネット上には「涙止まらない」「号泣回だった〜」といった反響が巻き起こった。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)

【写真】高校時代の瞬太(神木隆之介)、母・友利子(西田尚美)と3者面談

 ある日、瞬太の携帯に母・友利子から頻繁に着信が入ることに。瞬太は父と死別して以来、自分のことを否定し続ける友利子を疎ましく思い、家を飛び出してからは対面することを避け続けていたのだった。

 数日後、瞬太の携帯に見覚えのない番号からの着信が入る。心配した春斗(菅田)が代わりに携帯に出ると、それは友利子が危篤であることを告げる病院からの連絡だった。心配する春斗と潤平は病院に行くよう説得するが瞬太は固辞。そのままアパートの部屋を飛び出してしまう。

 その後、一人で夜の公園で時間を持て余していた瞬太の元に、つむぎ(古川琴音)がやってくる。つむぎは「顔も見たくないほどお母さんのこと恨んでるんだったら、文句の一つでも言ってやりゃあいいじゃん」と言い放つ。この言葉に背中を押された瞬太は、母と会う決心をして病院へ急行する。

 瞬太は、病室のベッドに横たわる友利子と対面。瞬太は友利子が自分のことを否定し続けたことや父の死後すぐに再婚したことを責めるものの「アンタを許す時間、もう少し俺にくれよ。もう一度、やり直すための時間くれよ…」と告げる。この言葉に、友利子は息も絶え絶えに「ごめんね…」とポツリ。そして友利子は、瞬太の「母さん、ごめんね」という言葉を聞くと、安心したようにそのまま息を引き取るのだった。

 確執を超えて母に思いを伝えた瞬太の姿に、ネット上には「親との別れは辛いよね」「瞬太えらいな」「よく頑張ったよ」などの声が集まり、母子の別れのシーンに「あー。涙止まらない」「号泣回だった〜」「ボロボロに泣いた」といったコメントが相次いだ。
    ニュース設定