『恋オオカミ』運命の最終回! “オオカミ”の正体が明かされるも切なさ残る結末に【ネタバレあり】

0

2021年05月09日 14:10  クランクイン!トレンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!トレンド

写真告白するそら 『恋とオオカミには騙されない』第12話  (C)AbemaTV,Inc.
告白するそら 『恋とオオカミには騙されない』第12話  (C)AbemaTV,Inc.
 ABEMAの人気恋愛リアリティーショー『オオカミ』シリーズの最新作『恋とオオカミには騙されない』の最終回が5月2日(日)に配信された。本作は“真実の恋”を追い求める男女10人が、デートや共同作業を通して本気の恋に落ちていくまでを追う恋愛リアリティーショーである。だがこの10人のメンバーの中には、“好きなフリ”をして場をかき乱す嘘つき“オオカミ”が最低1人以上紛れ込んでいる。さらに今回、パワーアップした本作では、男女どちらにオオカミが潜んでいるのかが秘密にされたままだったが、第9話で女子メンバーにオオカミがいることが明らかになった。(文=Nana Numoto) ※本記事はネタバレを含みます。ご注意ください

【写真】最後のデートにオオカミ発表も『恋オオカミ』最終回

■前回までのおさらい

 最終回直前での10人の恋の矢印は以下の通り。この時点での両想いはたった1組だけで、最後まで安定しないシーズンとなった。

もくだい⇔みちゅ
ちょこ→みちゅ
そら→あおい
つな→あおい、りょうか
コウヘイ→なえなの
りょうか→つな
あおい→そら、つな
Taki→そらに振られてしまう
なえなの 脱落

 女子メンバーの全員がLINEを使うことになった前回のラスト。最終回は、みちゅの太陽LINEから始まり“ちょこともくだいに挟まれるみちゅ”という衝撃のデートシーンが展開する。

■みちゅの月LINEデート

 先にちょこと話をしたみちゅは、「ホントに美月のこと好きなのかな」と、改めて気持ちを確かめる。そこでちょこは「もっくんと楽しんでる美月を見ると、嫉妬している自分がいた。だから好きなのかなって思った」と返答。みちゅへの想いに気づいた理由が語られ、みちゅはちょこの気持ちを「うれしい」と受け止めた。

 その後、みちゅはもくだいのもとへ。「ごめんなさい」と話すみちゅに、もくだいは「人として気持ちが揺れるのは悪い事じゃない」と優しく慰める。しかしこの時点で、みちゅはどこか浮かない表情を見せていた。それでも、もくだいは気丈に振る舞い、海に向かって「大好きだよ!」と叫ぶなど最後までみちゅへの想いをぶつけた。

■りょうかは髪をばっさりカット!

 バッサリ髪を切ったりょうかはつなとの太陽LINEデートを楽しむ。つなはイメージチェンジしたりょうかの姿に「かわいい!」を連発し、りょうかは「惚れる?」と笑顔を見せる。二人のデートはスキンシップも多く、順調そう。だが肝心のお互いの気持ちは視聴者に明かされることはなかった。

■Takiの太陽LINEにあおいが!?

 そらとの恋が終わり、その太陽LINEの動向に注目が集まるTaki。そこに真っ先に現れたのはあおいだった。「ちょこ君にLINEを使ったのはどういう気持ちだったのかな」と質問するあおいは、どうやらTakiがちょこを呼んだ理由を気にしている様子。そして、この一言でTakiの太陽LINEの相手がちょこであると視聴者に判明。自分の気持ちをほとんど明かさないあおいが、そらの参加しない太陽LINEデートにやってきたのは意外な展開だった。

 Takiはあおいに、ちょこを誘った理由を「BFF(Best Friend Forever=一生の友達)として大好き。気持ちは0ではない」と説明。一方のあおいは月LINEを使ったものの、いまだ、そらとつなで悩んでいるようだ。

 その後のちょことのデートでは、そらの時とはまた違った素の表情ではしゃぐTakiの姿が。互いを「BFF!」と呼び合うTakiとちょこだが、この日のTakiは観覧車の上で「Takiがちょこ君のことを好きになっちゃったと思わなかったの?」などと質問し、どこか気持ちがあるそぶりを見せる。

■あおいはそらに手作り料理をプレゼント

 そらとあおいの月LINEデートでは、あおいがそらに手料理を作ることに。リーダーと副リーダーという関係だった二人は、思い出の場所、アトリエで最後の夜を過ごした。するとそこにスマホが鳴り、つなが月LINEを使ったことが通知される。

■そして最終告白へ

 いよいよ最終告白の時が訪れる。中間告白では、女子メンバーが男子メンバーに想いを伝えたが、今回は男子メンバーから女子メンバーに伝えることに。

 最初に現れたのはそらだった。そらはあおいに「素直に大好きです」と告白。最後まで気持ちが定まらず、挙句に自分の気持ちを明かさなかったあおいはスタジオからのオオカミ予想でも度々名前があがっていた。しかし結果としてはカップル成立。実はあおいとそらは互いに照れ屋で慎重な性格なだけのようだ。安堵に溢れたふたりの笑顔にスタジオからも歓喜の声があがった。

 次に現れたのは、つなだ。実は、つなは事前に月LINEデートを使って「今の気持ちはりょうかにある」とあおいに伝えていた。その言葉通り、りょうかに想いを伝え、こちらもカップルが成立。りょうかは喜びのあまり、風船を渡した後につなに勢いよく抱きついた。

■一途に想い続けたもくだい、しかし…

 そして3番目に現れたのは、もくだい。みちゅに心を決めてからは一途に想い続けてきたもくだいが、改めて気持ちを伝えようとする。

 だが、当然ちょこもこの場に駆けつける。二人からの告白に揺れる風船。みちゅが出した答えは…ちょこだった。この意外な決断にはスタジオからも驚きの声があがる。

 実はみちゅは、第一印象の時も中間告白の時もちょこを選んでいた。みちゅの心のどこかには、ずっとちょこの存在があったのかもしれない。告白当日の朝、みちゅはもくだいに月LINEを使い、「美月はちょこ君かなって思ったの」と率直な気持ちを吐露していたようだ。もくだいは一瞬動揺するものの「言われても気持ちって変わらないもんだね。やっぱ大好きだわ」と答えている。

■コウヘイが想ったなえなのは?

 最後に砂浜に現れたのはコウヘイだ。想いを伝える相手はなえなのだが、脱落した本人が現れることはなく、赤い手紙と赤い風船だけが残されていた。便箋につづられたのは、なえなのからコウヘイへの率直な想い。手紙を読んで大粒の涙を流すコウヘイは、握った風船を、ゆっくりと空に放つ。

 なえなのはオオカミだった。

 手紙では「ただただ、真っ直ぐで純粋で、なえにはもったいなさすぎる人でした」とコウヘイへの想いをつづっており、なえなのが「心が痛む」とコウヘイの真っ直ぐさに躊躇(ちゅうちょ)していたことの意味がわかる。なえなのの「綺麗に騙してあげられなくてゴメン」という言葉が『オオカミ』シリーズの切なさを物語ることに。

■最終回でも、まだ明かされていない秘密が

 こうして10人の春は締めくくられる。恋が叶ったのはそらとあおい、つなとりょうか、みちゅとちょこの3組。そして視聴者投票の予想通り、番組を盛り上げたオオカミはなえなのであった。しかしまだ明かされていないエピソードもある。それはTakiについての真相だ。これに関しては、後日譚としてABEMAプレミアムにて配信されるとのこと。

 まだ寒い季節からゆっくりと恋を育み、時に悩み、迷いを見せた『恋とオオカミには騙されない』。最後は暖かい春の訪れとともに、大切な相手を見つけられたようだ。大混戦の恋模様となったが、メンバーの心の成長が垣間見えるドラマチックなシーズンとなっただろう。
    ニュース設定