4年ぶりのグラビアに挑戦した浅田 舞! "過去最高セクシー"の撮影舞台裏が明らかに!

3

2021年05月09日 15:51  週プレNEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週プレNEWS

写真週プレ21号で表紙&巻頭グラビアを飾った浅田 舞
週プレ21号で表紙&巻頭グラビアを飾った浅田 舞


32歳になった浅田 舞(あさだ・まい)が、5月10日(月)発売の『週刊プレイボーイ21号』で表紙&巻頭グラビアに登場。

撮影前夜は緊張で寝つけず、ネットフリックスを視聴? 「結婚しない宣言」の真偽とは? 仕事もプライベートも赤裸々告白してくれた!

【画像】浅田 舞が磨き上げた美ボディ

■興味ありますか? 私のこと(笑)

――久しぶりのグラビア撮影お疲れさまでした。2017年6月の「週プレ酒場」オープン記念号で表紙を飾っていただいて以来、実に4年ぶりです。

浅田 そんなにたったんですか! 初グラビアのときにはキューバやグアムに行きましたよね。本当懐かしいです。

――初グラビアは2014年12月。6年5ヵ月前ですね。

浅田 きゃー(笑)。今回はスタジオでも撮影しましたけど、それも初めての経験でした。まさか自分がもう一度、こうやってグラビア撮影の機会をいただくとは思っていなかったので、撮影前日は緊張で全然寝れなかったです......。

――そんなにですか!?

浅田 フィギュアスケートの大会やアイスショーは全然緊張しないんですけどね。早くベッドに入ったのに寝つけないから、ネットフリックスとか見始めちゃって(笑)。もう絶対に目の下にくまができちゃうと思ったんですけど大丈夫でした。

――くまができなくてよかったです(笑)。

浅田 スタジオに入るまで緊張してましたからね。これだけガッツリとグラビアの撮影をするのは写真集以来でしたから。「どうしよう? 大丈夫かな?」って不安な気持ちが大きかったです。もちろん4年前にも表紙をやらせてもらいましたけど、あのときはそこまでセクシーな感じでもなかったですしね。

――今回の撮影はいかがでしたか?

浅田 初めての体験に近いくらい濃密でした。朝も早かったんですけど、テンポよく撮れましたし、何よりもスタッフ全員で作り上げている感じが最高でした。全部で10ポーズありますけど、どれも大人っぽい雰囲気のカッコいい写真が撮れたと思います。

――お気に入りの衣装は?

浅田 えー、迷っちゃいますね。決めるの難しいです。10ポーズ全部テイストが違うので。でも、ガッツリ水着じゃないからこそ、大人の色気を出せたんじゃないかなと思います。

撮影で印象的だったことといえば、頭を後ろに振り上げて髪の毛をワサッてなびかせる「髪ワサ」ですね。初めてやりました(笑)。オシャレな感じに仕上がっているんじゃないかな。スタイリストさんやメイクさんの「せーの!」という声に合わせてワサッてするんですけど、一体感があって楽しかったです。

――今回の撮影に当たって、6年5ヵ月前の初グラビアを見返したそうですね。

浅田 ものすっごくポチャポチャしてますよね、今と比べたら。お肉がけっこうついてる(笑)。もう自分の年齢をあんまり言いたくないですけど、6年前はまだ20代半ばでした。あのときも頑張ってセクシーな顔をしようとしたんですけど、それができなくて、結局、笑顔全開になっちゃって。今見ると初々しすぎますね。

写真集『舞』(集英社)の表紙にもなった、キューバで撮影した黒のロングドレスの写真は特にお気に入りで、当時は大人っぽく撮れたなと思ったんですけど、今見るとちょっと幼さが残っているというか。だから、今回久しぶりにグラビアをやってみてすごく新鮮でしたし、けっこうセクシーな表情もできたんじゃないかなと思います。

――確かにセクシー度は過去最高かもしれないです。

浅田 6年前に週プレを見ていた方は今回もう一度見てくれますかね? 興味ありますか? 私のこと(笑)。「成長したな」と思ってくれたらうれしいです。初グラビアや写真集の反響はものすごく大きくって、今でも言われるんです。

先日、バラエティ番組に出たときも「写真集『舞』を買いました!」ってタレントの方に言われたり。本当に多くの方にそう言っていただけるので、今回のグラビアも話題になってくれたら、すごくうれしいです。

■32歳の浅田舞はもう誰にも止められない!?

――最近はどんな活動をされているんですか?

浅田 今は社交ダンスにのめり込んでいます。もう趣味の域を完全に超えていますね。週の半分くらい練習していますから。「どこに行くんだろう? 自分」って感じですけど(笑)。社交ダンスのおかげで自分の可能性が広がりましたし、自分への期待も高まりました。

――趣味といえば、インスタグラムで料理の写真をよくアップされていますよね。

浅田 そうなんです。インスタにいろいろと上げているので、見てほしいです(笑)。

――では、料理上手アピールをお願いします!

浅田 もともとおいしいものを食べるのが好きなんですけど、コロナ禍で自炊する機会が増えて、たくさんお料理を作っています。無心になれるし、リフレッシュの時間になっています。

――得意料理はなんでしょう?

浅田 おばあちゃんに習った筑前煮です。あと餃子(ギョーザ)ですね。おばあちゃんが作る筑前煮と餃子が大好きで、レシピを伝授してもらいました。詳細は私のインスタやYouTubeでチェックしてください!(笑)

――そういえば、舞さんは以前、「結婚しない宣言」をしてませんでしたっけ?

浅田 いやいや、宣言まではしてません(笑)。「30代はお仕事をバリバリしていきたい」という気持ちが大きいという話はしましたけど、ステキな人がいたらもちろん結婚したいです!

でも、今はやっぱりお仕事が楽しいんですよね。昨年9月に事務所を独立したばかりですが、ありがたいことに毎日いろんなお仕事をさせていただいています。自分の中ではちゃんと前に進んでいて、日々挑戦しているという感覚がすごくあるので、このまま止まらずに前に進んでいきたいなと思っています。

今は内面からすごくイキイキと生活できているという実感があるので、「もう誰にも止められないぞ!」というスピード感を持って突き進んでいきたいですね。

――今後はどんな活動をされていくんでしょうか?

浅田 テレビのお仕事なども、自分で幅を決めないで、「やってみたほうがいいよ」と皆さんが言ってくださることにはなんでも挑戦して、いろいろと良いお知らせをしたいです。

それから、もっと身近に私を感じていただける機会が増えたらと思って、最近YouTubeも始めたので、チャンネル登録していただけるとうれしいです!

――最後に、週プレ読者にひと言お願いします。

浅田 見ていただいて、皆さんそれぞれのお気に入りを見つけてもらえたらうれしいです。ぜひアンケートもよろしくお願いします!

●浅田 舞(Mai ASADA) 
1988年生まれ 愛知県出身 身長165cm 
○フィギュアスケーターとして現役中は日本代表となり、数々の世界大会で活躍。引退後はスポーツキャスターとして活動するほか、アイスショーへの出演やタレントとしてもさまざまなメディアに出演。2017年には、初の本格的舞台女優に挑戦。活躍の場を広げている。
公式Instagram【@asadamai717】

撮影/TAKAY

このニュースに関するつぶやき

  • アウト
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定