コロナ禍で顕在化した格差とは?「婚活」「パラサイト・シングル」の名付け親が斬る

2

2021年05月09日 18:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『新型格差社会』(山田昌弘/朝日新聞出版)
『新型格差社会』(山田昌弘/朝日新聞出版)

「格差社会」と聞いて、何を思い浮かべるだろうか。

今、必要な言葉は「がんばれ」よりも「わかるよ」――すべてのしんどい人に届けたい、GO三浦崇宏の最新刊『「何者」かになりたい』インタビュー

 多くの人は、経済格差を思い浮かべるかもしれない。

 新型コロナウイルスの感染拡大は、経済格差以外にもさまざまな格差を顕在化させてきた。『新型格差社会』(山田昌弘/朝日新聞出版)は、「家族」「教育」「仕事」「地域」「消費」の「新型格差」に着目する。家族や暮らしを研究する著者の山田昌弘さんは、「婚活」や「パラサイト・シングル」を名付けてきた社会学者だ。時代をつぶさに観察してきた著者が、現代の「新型格差」を考察した上で、これからの社会をより良くするために緊急提言する本書は、まさしく今読んでおきたい一冊である。

「家族」は、大きな格差が広がってきている。まずコロナ禍では、婚姻数が大きく減少した(厚生労働省の速報値)。結婚を控えたカップルが結婚式の日取りを先延ばしした、結婚後の経済的生活に見通しが立たなくなった、などの影響が考えられるという。子どもの出生数も大幅に減少している。“将来の生活の見通しがつかない状況があれば、出生数は相当に減って当然”と山田さんは説明する。感染リスクを考慮して妊娠を避けたことなども想定される。経済的な不安は、少子化を加速させるほか、ドメスティック・バイオレンス(DV)を引き起こす可能性も。これには、「ステイホーム」で家族と過ごす時間が増えた影響もあるだろう。

 総じて、戦後型家族システム、つまり“「主に夫の収入で中流生活を維持する」という戦後型家族が限界点に来ている”と山田さんは指摘する。社会は、さまざまな形の家族をきちんと認めて、サポートしていかなければならなくなっている。

 地域格差も広がっている。「ニューノーマルな働き方」が推奨されて1年が経つ。リモートワークでも仕事ができる人は、職住近接の縛りがなくなり、東京から人が流出し始めた。しかし、「教育」や「医療」に地域格差があることは、意外な落とし穴だ。今後バランスが変わっていく可能性はあるものの、収入や健康に関しては、未来で新たな格差が生まれるかもしれない。

 また、ボランティアや地域活動には金銭的、時間的、労力的に余裕がある人々を要する。しかし地元意識の薄まってきた昨今では、余裕の生まれた人が都市部に転居してしまうこともあり、コミュニティが成立しづらくなっているという。

 山田さんは“令和は、「格差の存在を認め、それを踏まえた上で新しい形の社会をみんなで作っていく時代」になればよい、いや、するべきだ”と提言する。

 網羅的にコロナ禍を経験した社会のありようを考察した本書は、「新型格差」の現在地と未来の展望を知りたいあなたにおすすめだ。

文=遠藤光太

このニュースに関するつぶやき

  • 身の丈に合わぬ理想を掲げ男がまるで食いつかないわお断りするわの女さんの事を何カッコつけて「パラサイトシングル」とか言ってるの? 「馬鹿」で十分だろ
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • "【海外の反応】池江璃花子選手に対する大量の人格攻撃が余りに酷過ぎる、池江璃花子選手本人のコメントに涙が止まらない【カッパえんちょー】" https://youtu.be/Q8bQQGNsE80
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

前日のランキングへ

ニュース設定