“瀬戸”高橋海人の演技に「めちゃくちゃ自然」「本当に上手い」などの声続々…「ドラゴン桜」3話

0

2021年05月09日 23:31  cinemacafe.net

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

写真「ドラゴン桜」第3話(C)TBS
「ドラゴン桜」第3話(C)TBS
阿部寛主演による「ドラゴン桜」の3話が5月8日スタート。秀才少年とテスト勝負することになった東大専科のメンバーたち。今回は瀬戸を演じる高橋海人の演技に数多くの反応が寄せられ、放送後にはTwitterでトレンド入りを果たすなど注目を集めている。

モーニング誌(講談社)で2018年から連載中の三田紀房による「ドラゴン桜2」をベースに、ドラマオリジナルの展開を盛り込んでドラマ化する本作。

2005年に放送された前作では倒産寸前・低偏差値の私立龍山高校を生まれ変わらせたことで、学校再建のエキスパートとして順風満帆な弁護士人生を歩んできた桜木建二を阿部さんが演じるほか、前作では桜木の教え子だったが、今は弁護士となって桜木をサポートする側に回る水野直美に長澤まさみ。

今回2人が再建を計ろうとする龍海学園の生徒として、瀬戸輝に高橋さん(King&Prince)。岩崎楓に平手友梨奈。天野晃一郎に加藤清史郎。早瀬菜緒に南沙良。東大専科の生徒たちを見下す藤井遼に鈴鹿央士。小杉麻里に志田彩良。原健太に細田佳央太。1話で桜木を陥れようとしたが今は桜木を慕うようになった小橋に西山潤、岩井に西垣匠。

龍海学園の教頭、高原浩之に及川光博。龍海学園の校長、奥田義明に山崎銀之丞。桜木たちを追い出そうとする理事長・龍野久美子に江口のりこといったキャストが出演。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
桜木が校庭に桜の木“ドラゴン桜”を植え、東大専科には天野、菜緒、楓に続いて偏差値が学年最下位の瀬戸も加わる。水野は中学レベルの問題にも苦戦する専科メンバーに、SNSを活用した勉強法を提案。一方、久美子は専科に生徒が集まり出したことに焦り、対抗すべく難関大コースを新設。理系トップの秀才、藤井を引き入れる。東大専科クラスに来て天野や瀬戸を見下す藤井に、桜木は「お前に東大は無理だ」と断言。藤井から勝負を持ち掛けられた桜木は、東大専科、難関大コースそれぞれの存続を賭けてテストで勝負が行われることになる…というのが今回のストーリー。

なんだかんだで単語帳を作って、ラーメン屋のバイトの合間も勉強に励むなど、東大専科での勉強に意欲をみせる瀬戸に「瀬戸が1番やる気出てるのがめちゃくちゃおもろい可愛い」「負けず嫌いな輝くんすきだいすき」などの声が上がる。

しかしテスト当日、手伝っている姉のラーメン屋が投石の被害に遭い、瀬戸は学校を休んでしまう。不満そうな表情を見せながらも東大専科に入り、楓たちを侮辱した藤井に怒り、姉とともに苦悩する表情を見せる…多彩な演技をみせた瀬戸役の高橋さんにも「高橋海人くんいいお芝居してたなぁ」「自然の感情の表情が本当に上手い」「あの若さでああいう役だと結構くさい感じになりがちなのに、めちゃくちゃ自然」といった反応も。

放送後には「瀬戸くん」がTwitterのトレンド入りも果たすなど、瀬戸の今後の動向と、高橋さんに多くの注目が集まっている様子だ。

(笠緒)
    ニュース設定