矢部太郎、絵本作家の父を描く 『大家さんと僕』以来の最新作【コメントあり】

13

2021年05月10日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真漫画『ぼくのお父さん』(矢部太郎『ぼくのお父さん』新潮社刊)
漫画『ぼくのお父さん』(矢部太郎『ぼくのお父さん』新潮社刊)
 カラテカの矢部太郎が、実の父である絵本作家・やべみつのりと自身の幼少期のエピソードを描いた漫画『ぼくのお父さん』(新潮社)が、6月17日に発売される。

【画像】シリーズの番外編的な一冊『「大家さんと僕」と僕』も発売に

 矢部と大家のおばあさんとの交流を描いた『大家さんと僕』は、心温まるエピソードが「ほっこりする」と話題を呼び、ロングセールスを記録。芸人として初、プロの漫画家以外でも初となる朝日新聞社主催『第22回手塚治虫文化賞 短編賞』を受賞した。

 『大家さんと僕』以来の最新作となる今作では、40年前の東京・東村山を舞台に、つくし採取、自転車の2人乗り、屋根から眺めた花火など、普遍的でノスタルジックな心温まるストーリー。子どもを見守りながら、同じ目線でともに遊び、常識にとらわれず、のびのびと子どもと向き合い、ときに親自身も成長していくエピソードがつづられている。

 発売を前に、矢部がコメントを寄せた。

■矢部太郎
子供の頃、いつも一緒に遊び、絵を描いていた父が「みんなのお父さんとは違うなあ」とふしぎで、はずかしいこと、わからないことがたくさんありました。漫画に描くうちに……余計にわからなくなりました(笑)。父に読んでもらったら、「こんな理想の父親みたいに描かないでよ〜」と言われて、どこをどう読むとそうなるのか、やっぱりわかりません(笑)。そんな『ぼくのお父さん』、みなさんも何か忘れていたことを思い出してもらえたりしたらうれしいです。あと、ちょっと笑ってもらえたらさらにうれしいです。

このニュースに関するつぶやき

  • 表紙のイラスト可愛い(*≧з≦)
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 読みたいです。要チェック。
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

オススメゲーム

ニュース設定