【実録】こんな女性に憧れる!ママたちが感激した“ママ友の神対応” #1「一生ついていきたい年下」

1

2021年05月10日 12:01  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真写真
“ママ友付き合い”と聞くと、どうしても面倒ごとやストレスなどネガティブなイメージがあるもの。

【実録】“ママ友トラブル”で仲直りできた人 #4「そういうのあげてないから」

実際、ママ友トラブルに悩んでいるという人も多いのが事実です。

しかし一方で、「こんなママ友に救われた!」「私のママ友かっこよすぎ!」という経験をした人も。

今回は、ママたちが尊敬のまなざしを向けた「ママ友の神対応」についての実録エピソードを紹介します。

「子どもや一部のパパも含めて、次男の保育園のママたちと運動会の打ち上げをした時のことです。

子どもたちも年長になり、皆どんな習い事をさせようかという話題で持ちきり。最初は楽しく話していたのですが、ひと組のパパママが、次男と2人だけで参加していた私に、

『〇〇くんのうちは三兄弟なのに、たくさん習い事してない? お金大丈夫なの?』『お兄ちゃんは野球とプログラミングと数学能力教室だって?』『旦那さん、製薬会社だもんね』『車も高いやつだよね?』

と、我が家の収入を探るようなことばかり言い始めたんです。

パパも来てくれればこんなこと言われなかったのに……と思っていたら、隣に座っていたママが、『そういうお金の話は楽しくないし、したくなくない?』と、あっけらかんとした雰囲気で言ってくれたんです。

あとからLINEでお礼と、何か思われてしまったらごめんと謝罪したら『私はあーゆー下品な人たちに嫌われるとか気にしないんで』と。

彼女は私より年下ですが、一生ついていきたいと思いました(笑)」(ピアノ講師/36歳)

ママ友に対して楽しくないことは楽しくない、やめたいことはやめようと臆せず発言するのは、今後の関係性を考えたらなかなか難しいものです。

このママは「彼女を見習って、まずは自分が嫌な気分になりそうな集まりはやんわり断ったり、微妙な話題になったらその場を離れるよう心がけています」と話していました。

バシッとは言いづらくても、まずは自分ができることから少しずつ、ですね。

このニュースに関するつぶやき

  • 『私はあーゆー下品な人たちに嫌われるとか気にしないんで』←カッコいいね!彼女の言う通り、付き合う相手は自分で選べる。嫌な思いをしてまで八方丸く収めなくてもいいよ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定