今がチャンス! 名残のイチゴを冷凍し、映えデザートを簡単手作り

4

2021年05月10日 13:40  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

写真トッピングにも冷凍イチゴを使用
トッピングにも冷凍イチゴを使用

スーパーの青果売り場で見かけるイチゴの価格が手頃になってきましたね。シーズン終わりかけだからこその安さが嬉しいところです。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、せっかくなら長く楽しみたい。そこで、SNSで見かけた冷凍保存法を試してみました。

【写真】冷凍はこんな方法で…グラニュー糖をまぶして凍らせます

やり方はとても簡単。

1.イチゴのヘタを取ってよく洗い、水分を拭く。

2.冷凍保存用の密封袋にイチゴを入れてグラニュー糖を全体にまぶし、重ならないように広げる。

3.冷凍する。

冷凍庫の状態などにもよりますが、筆者の場合は半日ほどでしっかりと凍りました。

甘みをつけたイチゴは凍ったままデザートなどにアレンジしやすいのが魅力。3つのアレンジで味わってみました。

冷凍イチゴでスムージー

<材料>
・冷凍イチゴ
・牛乳

冷凍イチゴと牛乳をブレンダーやミキサーでつぶすだけです。イチゴは完全なペースト状にするも、つぶつぶ感を残すもお好みで。筆者は半分くらいのサイズになるくらいに加減して、果肉の味わいも楽しみました。

冷凍イチゴでミックスアイス

<材料>
・冷凍イチゴ
・アイスクリーム(バニラやミルクなどお好みで)

冷凍イチゴは室温で10分ほどおくか、耐熱容器に入れて電子レンジで10秒加熱して少しだけ解凍します。ボウルなどに入れて軽くつぶし、アイスクリームに混ぜ込めば完成。ストロベリーアイスを使えば、イチゴづくしも楽しめますね。

冷凍イチゴ入りサワー

<材料>
・冷凍イチゴ
・缶入りのサワー(乳酸菌飲料テイストやプレーンがおすすめ)

冷凍イチゴをグラスに入れ、缶入りのサワーを注ぐだけ。ぷかりと浮かんでいくイチゴがかわいいです。写真はイチゴ味と相性のいい乳酸菌飲料味を使ったもの。凍ったイチゴのおかげでひんやり感もキープ。スプーンを添えてイチゴをつまみながらほろ酔い時間をどうぞ。

   ◇   ◇

好みの甘さで保存できるし、思いついた時にすぐに使えるのがとても便利な冷凍イチゴ。氷がわりとしてソーダなどに浮かべるだけでも楽しめ、これから暑くなってくる季節に重宝しますね。1回目に仕込んだ分はすぐになくなってしまったので、また次の分を買ってこようと思います。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・泡☆盛子)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • サクランボ����������やベリー類������は冷凍出来るので値頃な時に大量に買って常時ストックしていますɽ���ʴ򤷤���
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定