【後編】ママが過保護すぎると、我が子はからかわれる?ママたちはどう見るのか!

4

2021年05月10日 22:21  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
小学校1年生の子どもを持つママから「子どもを学校付近まで送迎したいけど、過保護すぎる?」とお悩み相談がありました。家の近くには逮捕歴のある男性がいて、子どもたちの登下校の時間に顔を合わせることもあります。子どもの安全を考えるママに対して、実際に性被害に遭ったというママたちが自身の体験談を話してくれました。

ママたちの体験談「昔、自分が痴漢に遭ったから見守りたい」



ニュースなどで子どもや女性が被害に遭っていることは知っていても、「自分の地域は、自分の子どもは大丈夫だろう」と思ってしまうところがあります。しかし、一度でも被害に遭ってしまうと、もう時間は巻き戻せません。
『危険な目に遭ってからじゃ遅いから、人の目なんか気にしなくて良いんだよ。私は何回か痴漢に遭ったことあるから。送迎することで娘に嫌がられたり「何でそんなことするの?」と怒られたりしても行くときは行くよ。実家の母もいまだに「あのとき、迎えにいけなくてゴメン!」と何かのときに謝るときがあるし。後悔するくらいなら送ってあげて』
『私は送り迎えする。たぶん高学年になってもするかな、本人が嫌と言うまでは。学区外で遠いというのもあるけど。自分自身が高校生のとき、レイプ事件に巻き込まれて本当に殺されるんじゃないかという恐怖を経験しているから。子どもには過保護かもと思いながらも、守れるのは自分だけと思ってしまう』
『私は小3で痴漢に遭ったことがあります。そのため集団登校の学校に引っ越すまでは、一人で学校に行くときは送りましたよ』
実際に怖い思いをしたというママたちの体験談を聞くと、「他人事じゃない!」と、改めて感じるママも多いのではないでしょうか。そう考えると、子どもの送迎をすることで、他の子どもたちにも目を配れるのでいいかもしれませんね。

我が子を守れるのは親だけ&地域の見守り隊に!


『2年でも3年でも、できるなら送迎したら良いよ! 子どもなんて狙われたら車でヒョイっとできちゃうんだから。それに春夏秋冬お母さんとおしゃべりしながら歩いた思い出は、きっとお子さんの宝物になるよ』
『1年生のときはずっと登下校どちらも途中まで付き添いで、だんだん付き添いで一緒になる保護者も減って、いなくなったよ。そうなってくると「やっぱりうちは過保護かな?」と思ったけど、自分の子どもだけではなく他の子どもたちの見守りもしている気持ちで続けました。いつどんな事故や事件があるかわからないですしね』
『我が子の小学校も集団登校班なし。一人になる区間が長いので送迎してる。朝は車で送ってる人も多いよ。子どもがたくさんいて、大人の目が届く環境って難しい時代なので後悔しないよう送迎してるよ。投稿者のママさんが普通だと思います。我が子の地域も送迎しない親も一定数はいるけど、私が監視役! と見守ってる』
日本では、子どもが一人で学校まで通っても比較的安全に過ごせる環境があります。その一方で、小学校1年生以外でも怖い思いをする子もいます。大人が一人付き添うことで我が子はもとより、まわりの子どもたちにも目を配ることができ、それによってより子どもたちが安全に登校できます。まわりの友達やママたちの目が気になることもあるでしょうが、しばらくは付き添ってあげるといいですね。

文・間野由利子 編集・山内ウェンディ イラスト・リコロコ

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • スクールバスがあるわけでもなく、6歳の子供を単身で登下校させる日本が異常。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • スクールバスがあるわけでもなく、6歳の子供を単身で登下校させる日本が異常。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定