「介護の負担を私だけに押しつけないで」三姉妹、親の介護で揉めた話【中編:三女・ミカコ編】まんが

2

2021年05月10日 23:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
前回「次女編」からの続き。
私は三姉妹の三女・ミカコ。最近、孫の面倒を見る両親が辛そうです。
私:「どこか調子でも悪いの?」
母:「もう歳なんだよ。小さな子をずっと見るのは体力もたないよ……」
私:「そんなこと言っても私はパートがあるし……」
母:「わかってるよ。でも先のことも考えてほしい」

絶対的に味方だと思っていた両親に突き放された気がしました。私のパートの稼ぎは自分のお小遣いと子どもにかかる費用に消えてしまい、家にはお金は入れていません。

三姉妹、親の介護で揉めた話
姉同士は歳も近いし、二人で連絡を取り合っているのかもしれません。私は仲間外れにされているようでイラ立ちます。私は姉たちとは歳が離れているから、お世話をしてもらった記憶はあるけれど仲良く3人で遊んだような思い出はほとんどありません。いつも二人だけで結託して私を見下しているように感じるのです。

三姉妹、親の介護で揉めた話
姉たちにしつこく連絡して、やっと実家での話し合いにこぎつけました。でも悩んでイライラしていたせいか、だんだんと強い口調になってしまいました。
きっとまた喧嘩になってしまうかも……。ところが話し合いの場で、考えもしなかった提案を長女からされることに――。

【後編:長女・アキコ編】へ続く。
原案・ママスタコミュニティ 脚本・rollingdell 作画・べるこ 編集・秋澄乃

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 悩み悩み介護するけど、考えているだけの時より、実際に介護してる方が楽だった。予期してる時のが怖い。今解放されて、妹と前より仲良しになってるなぁ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定