小田急電鉄、2021年度の設備投資に254億円 5000形増備など

3

2021年05月11日 07:41  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

小田急電鉄は、2021年度の鉄道事業に総額254億円の設備投資を行う。サービス向上として通勤車両の増備・リニューアルを行うほか、安全対策としてホームドアの設置や法面改修などを進める。

サービス面では、1000形のうち2編成をリニューアル。車椅子スペースや車内LCD表示機、自動放送装置を設置するほか、省エネルギー化・低騒音化も行う。また、2020年から導入している新型通勤車両の5000形を4編成増備する。このほか、沿線の大和市の都市計画に基づき、中央林間駅に東口改札を新設。駅周辺のアクセス向上や混雑緩和を図る。

安全対策では、新宿駅8・9番ホームと登戸駅3・4番ホームにホームドアを設置する。また、大雨による土砂崩れ防止などのため、小田原線の愛甲石田〜伊勢原駅間、東海大学前〜秦野駅間で法面改修を実施。大規模地震に備え、町田〜相模大野駅間、渋沢〜新松田駅間の橋梁耐震補強も進めていく。

このニュースに関するつぶやき

  • こんなの5000形じゃない・゜・(つД`)・゜・
    • イイネ!0
    • コメント 1件
  • 新型通勤車両の5000形←始発駅でドアが開いてる間も、ずーっとチャイムが鳴っていてうるさいんだよ。
    • イイネ!7
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定