「声優アラサーサミット」実施 新人時代の日笠陽子、花澤香菜&下野紘の“励まし”に感謝

3

2021年05月11日 12:59  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『声優と夜あそび』の様子 (C)AbemaTV,Inc.
『声優と夜あそび』の様子 (C)AbemaTV,Inc.
 声優の小松未可子、上坂すみれ、徳井青空、日笠陽子が5日、ABEMAの人気生放送番組『声優と夜あそび』に出演した。番組コーナーでは「声優アラサーサミット」を実施し、“アラサー”な4人が10代や20代前半までとは変わったこと、アラサーになって良かったことなど、これまでの人生を振り返った。

【写真】新人時代の苦い思い出を語る日笠陽子

 声優デビュー当時について、日笠は「マイクの裏側に入ってオーディションやろうとしたよね」と失敗談を明かすと、「そんなおっちょこちょいなところがあるなんて!」「意外なスタートですね」「出会った時から完成されてたから、完成されてない日笠さんがいたんですね」と驚く3人。

 続けて日笠は「初めてのアニメの時、怒られすぎて、その後マネージャーに呼び出されて」と当時を思い出し、「それを花澤香菜ちゃんと下野(紘)さんが見てて、このまま帰ったら可哀想だからって飲みに連れてってくれたの」「“大丈夫だよ”“頑張れよ”ってずっと言ってくれて」と励ましてもらったエピソードを語り「ほんと何もできなかったからね〜」とポツリ。今や“頼れる先輩”として多くの後輩から慕われる自身のルーツを明かした。

 一方、学生時代の部活についてもトークを展開し、日笠は女子校でソフトボール部だったそうで「土ぼこりとかすごいから、泥部って言われてた」「朝練っていう行事がなかったらみんな自主的に(朝練を)やってて」と告白。

 4人中唯一の文化部だった上坂は「私は紅茶愛好会っていう部活に入っていて」「放課後に紅茶を飲むだけの部活なんですけど楽しかったです」とまったりとした放課後を楽しんでいたことを明かし、3人からは「上品」「入りてぇ〜」「そんな部活があるんだ!」と羨望(せんぼう)のまなざしで見ていた。

このニュースに関するつぶやき

  • アラフィフがほっこりするエピソードっぽい。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

オススメゲーム

ニュース設定