ANA、退役記念デカールを貼付したボーイング737-700型機の運航開始

1

2021年05月11日 13:51  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

全日本空輸(ANA)は、退役を記念するデカールを貼付したボーイング737-700型機(機体記号:JA05AN)の運航を、きょう5月11日より開始した。

ボーイング737-700型機は、2005年12月に運航を開始。1号機と2号機は金色の特別塗装を施し、「ゴールドジェット」として運航したほか、10号機と13号機はボーイング737-700ER型機を導入し、「ANA Business Jet」として名古屋/中部〜広州線や東京/成田〜ムンバイ線に投入していた。18機を導入したものの、現在は3機にまで退役が進んでいる。

デカールの貼付作業は、5月10日夜に羽田空港の格納庫で実施。機体左右前方のドア横に貼付した。デカールのデザインは、2020年6月に退役したボーイング737-500型機(スーパードルフィン)の流れを踏襲し、花束をメインコンセプトに、感謝の花々に包まれながらラストフライトを飾る様子を表現。「ゴールドジェット」を運航していたことから、金色のリボンを添えた。

10日に貼付した機体はきょう11日、東京/羽田〜八丈島線(ANA1891便、ANA1892便)、東京/羽田〜高松線(ANA535便、ANA536便)、東京/羽田〜鳥取線(ANA297便、ANA300便)の計6便に投入を予定している。残る1機(同:JA06AN)にも12日夜に貼付作業を実施する。

6月19日には、中部国際空港発着の退役記念チャーターフライトを、午前と午後の2回実施する。予約は5月12日午前10時まで受け付けている。応募多数の場合には抽選となる。

このニュースに関するつぶやき

  • ANAの737-700、過去に関空→稚内→関空→石垣→関空と列島横断4レグしたことあります���Ե�。大好きな機材でした。
    • イイネ!0
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定