エマ・ストーン主演ディズニー最新作『クルエラ』日本版ポスター解禁

0

2021年05月11日 14:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真映画『クルエラ』日本版ポスタービジュアル (C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
映画『クルエラ』日本版ポスタービジュアル (C)2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
 女優エマ・ストーンが主演を務め、ディズニーの名作アニメーション『101匹わんちゃん』に登場するヴィラン(悪役)“クルエラ”の誕生秘話を描く映画『クルエラ』より、日本版ポスタービジュアルが解禁された。

【写真】クルエラになる前、まだ地味な装い&シンプルヘアのエステラ

 本作は、ディズニーの名作アニメーション『101匹わんちゃん』(1961)に登場するヴィラン(悪役)“クルエラ”の誕生秘話を描く“パンクロック・エンターテインメント”。

 映画『ラ・ラ・ランド』(2017)でアカデミー賞&ゴールデングローブ賞の主演女優賞2冠に輝いたエマが、後に“ディズニー史上最も悪名高きヴィラン”クルエラへと変貌する主人公エステラを演じ、彼女の運命を大きく変えるカリスマ的なファッションデザイナーのバロネス役で、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004)、実写版『美女と野獣』(2017)のエマ・トンプソンが共演。さらに『キングスマン』シリーズ(2015〜)のマーク・ストロングなど実力派俳優陣が脇を固め、『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2018)のクレイグ・ギレスピーが監督を務める。

 本作の舞台である70年代ロンドンは、若者を中心に“怒り”や“自由”が疼き、個々が抱える意志を世の中に叫ぶ手段として、パンクロックや斬新で奇抜なファッションなど、現代に至るまで長く愛される新たなカルチャーが生まれた時代。そんな時代の中、デザイナーとして頭角を表そうとするエステラは、クルエラへと変貌を遂げる中で、地味な服装から一転、斬新で奇抜な衣装を着飾り、思うがまま過激な行動をみせることで、“自分”を主張するようになる。

 解禁された日本版ポスターは、「白黒つけるのは、私。」というコピーと共に、堂々たる佇まいをしたクルエラが大きく配置されたもの。その下には、クルエラと同じ“白黒”のヘアカラーが目立つ幼少期のエステラをはじめ、カリスマ・デザイナーのバロネス、アニメーション映画『101匹わんちゃん』にも登場した、エステラが幼少期から生活を共にし家族のような存在となるジャスパーとホーレス、そしてエステラのかつての学友アニータの姿も写し出され、個性あふれるキャラクターに囲まれたクルエラの物語に期待が高まるビジュアルに仕上がった。

 映画『クルエラ』は、5月27日より映画館、5月28日よりディズニープラス プレミア アクセスにて公開(※プレミア アクセスは追加支払いが必要)。
    ニュース設定