あだち充の異色作SF時代劇漫画『虹色とうがらし』舞台化 出演は長江崚行、伊波杏樹ら

5

2021年05月12日 00:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真漫画『虹色とうがらし』舞台化決定、公開されたメインビジュアル
漫画『虹色とうがらし』舞台化決定、公開されたメインビジュアル
 1990年〜92年に『週刊少年サンデー』で連載された、漫画家・あだち充氏原作の異色作と言われるSF時代劇漫画『虹色とうがらし』が、舞台化されることが決定した。8月28日〜9月5日日まで、東京・あうるすぽっとで上演される。企画制作は、スーパーエキセントリックシアター。

【写真】大胆な二の腕披露!時代劇少女になった伊波杏樹

 あだち充作品の中でも、“時代考証口出し無用”を掲げたSF時代劇という独特な世界観で描かれた異色作『虹色とうがらし』は、主人公の七味が、母親の他界をきっかけに6人の異母兄弟が暮らすからくり長屋に身を寄せ、暗躍する謎の浮浪人・浮論、突如現れた異人、将軍家のお家騒動にも巻き込まれるなど、兄弟たちの旅の行く末を描いた物語。地球とよく似た未来の話、時代考証口出し無用のSF時代活劇となっている。

 連載から30年経った今でもファンの間で根強い人気で、舞台版では、時代劇らしい殺陣を駆使した迫力満点のアクションに、“あだち充”感満載のラブコメ要素、暗躍する敵や不思議な兄弟関係などミステリアスな側面も交えたストーリーを展開する。

 主演・七味役はNHK「天才テレビくん」で子役時代から大きな注目を集め、実力派若手俳優として数々の舞台でメインキャストを務める長江崚行、 ヒロイン・菜種役は、舞台「銀河鉄道 999 さよならメーテル〜僕の永遠」でメーテルを演じるなど、女優・声優としても活躍する伊波杏樹、脚本は鳥澄若多氏、演出は劇団 「アナログスイッチ」主宰の佐藤慎哉氏が務める。

■キャスト情報
七味:長江崚行
菜種:伊波杏樹
浮論:沢村玲
省吾:釣本 南
琴姫:トミタ栞
半蔵:松原凛
胡麻:桂鷹治
芥子の坊:熊野利哉
陳皮:木村風太
山椒:猪股怜生/岡田悠李(Wキャスト)
彦六:上山克彦
貴光:光宣
バン艦長:富山バラハス
赤丸:藤木陽一
絵美:聖山倫加
麻次郎:荒井敦史
秋光:松田賢二

このニュースに関するつぶやき

  • 懐かしい����ʴ򤷤����� アニメ化、ドラマ化してもイケると思うぞ�ؤ�OK
    • イイネ!4
    • コメント 0件
  • 懐かしい����ʴ򤷤����� アニメ化、ドラマ化してもイケると思うぞ�ؤ�OK
    • イイネ!4
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定