中条あやみ、日曜劇場初出演 『TOKYO MER』研修医役に奮闘「おいていかれないか不安も」

22

2021年05月12日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』に出演する中条あやみ(C)TBS
『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』に出演する中条あやみ(C)TBS
 女優の中条あやみが7月スタートのTBS系日曜劇場『TOKYO MER〜走る緊急救命室〜』に出演することが発表された。救命救急のプロフェッショナルチーム“TOKYO MER”のチームメンバーで研修医・弦巻比奈を演じる。

【写真】最新鋭の機材とオペ室を備える“ERカー”

 物語の舞台となるのは、都知事の号令で新設された「TOKYO MER」という救命救急のプロフェッショナルチーム。“MER”とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称。最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車輌(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施す。そして“一人も死者を出さないこと”が、彼らに課されたミッションである。

 中条が演じるのは、心臓外科医を目指しつつもTOKYO MERを兼任させられ、日々忙殺されている研修医。患者の命を救うため、自らを危険にさらして事故現場に突入する主人公・喜多見幸太(鈴木亮平)のやり方に「こんなの医者のやる事じゃない!」と反発しながらも徐々に医師としての強い使命感に目覚めていく役どころ。救命の最前線に立たされた半人前の研修医・比奈の目線を通して命の危機に立ち向かう医療従事者の勇敢な使命感をリアルに、そして温かく描き出す。

 中条は「初めて日曜劇場に出演できる喜びを噛みしめつつも、これから闘いが始まるんだなと実感しています。これまでにも研修医役を演じたことはありましたが、本格的な医療ドラマは今回が初めてです」とコメント。「救命救急の医療指導も受けさせていただきましたが、難しい医療用語や器具の使い方など覚えることが多く、共演者の方々においていかれないか不安もありました。でも、練習を重ね、みんなで力を合わせて作品を作っていくんだと思うと、もっと頑張りたいというパワーが湧いてきます」と意欲に満ちている。

 また「一人一人の命を救いたいという医療従事者の方々の熱い思いを大切に、素敵で熱いドラマを皆様にお届けできればと思います」と展望した。

このニュースに関するつぶやき

  • うーん かわいすぎやな ��(���󥰥饹)
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • こんなドラマで再現出来るほど甘くないと看護師の妹が言ってる�ܥ����äȤ�����
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

ニュース設定