城田優×高木雄也、W主演ミュージカル開幕「今は無理だけはしないでください」

0

2021年05月12日 04:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』公開ゲネプロを行った城田優 (C)ORICON NewS inc.
ミュージカル『ブロードウェイと銃弾』公開ゲネプロを行った城田優 (C)ORICON NewS inc.
 俳優の城田優とHey! Say! JUMPの高木雄也が11日、東京・日生劇場で行われたミュージカル『ブロードウェイと銃弾』のゲネプロに出席した。

【ゲネプロ写真】美脚大胆披露の衣装で優雅に踊る平野綾

 本ミュージカルは、日本では2018年に初演。福田雄一氏のコメディーセンスとブロードウェイ・ミュージカル王道の華やかさが人気を集め、高い評価を受けた。今回は、ギャングのボディーガード・チーチ役を城田が続投。売れない劇作家・デビッド役をブロードウェイ・ミュージカル初挑戦の高木がW主演で演じる。

 また、ギャングの親玉・ニックを橋本さとし、キンキン声でせりふもろくに言えないニックの愛人・オリーブを平野綾、プライドの高い主演女優・ヘレンを瀬奈じゅん、デビッドの彼女・エレンを愛加あゆが担当する。

 公演は、きょう12日から30日まで同劇場。ほか6月4日から6日まで、兵庫県立芸術文化センター、6月12・13日に富山県のオーバード・ホール、6月19・20日に群馬県・高崎芸術劇場にて上演される。

■城田優コメント
今回は僕にとっては再演となりますが、早い段階で通し稽古をできていたので、役はかなり自分に入っています。これから初日が開いてお客さまの新鮮なリアクションを受けてどうなっていくか、いまは非常に緊張していますが、とても楽しみでもあります。
アドリブっぽく見せているシーンもありますが、演出家の指定で決まっているので、決してアドリブではないです(笑)。これは声を大にして言っておきます! 歌よりもそういう笑いのシーンのほうが緊張しますが、自分のやるべきことは変えずに真剣に挑んでいきたいです。いろいろと不安要素はありますが、見に来てくださったお客さまに少しでも勇気や笑顔、希望をお届けできるように精いっぱい努めたいと思います。

■高木雄也コメント
まず初日を開けること、久しぶりにお客さまの前でお芝居ができることをとてもありがたく感じています。このような状況下なので、いろいろと考えながら稽古をしている部分がありましたが、初ミュージカルの稽古はとても楽しかったです。
僕は僕なりの「デビッド」を作り上げてきました。公演期間中、自分にできる限りの100%でぶつかっていきたいです。福田さんの演出ですので、純粋に笑えるところもたくさんあります。そういうところは心のなかで思い切り笑っていただけるとうれしいです。
僕にとっては今回が初ミュージカルということで、とても楽しみにしてくださっている方もいると思います。ですが、僕自身これからもミュージカルに挑戦していきたい気持ちでいますので、今は無理だけはしないでください。
会場にいらっしゃった方はぜひ楽しんでいってください!
    ニュース設定