佐々木氏、2回のDeNAの走塁に「こんなに逸れてたら…」

1

2021年05月12日 08:12  ベースボールキング

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真悩める展開が続くDeNA・三浦大輔監督 (C) Kyodo News
悩める展開が続くDeNA・三浦大輔監督 (C) Kyodo News
● DeNA 2 − 4 巨人 ○
<7回戦・横浜>

 11日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA−巨人戦』で解説を務めた佐々木主浩氏が、2回のDeNA・ソトの走塁について言及した。

 佐々木氏が言及したのは、1−1の2回一死三塁から嶺井博希が放った二塁へのゴロで、三塁走者・ソトがホームに突入するも本塁上でタッチアウトとなった場面。巨人のセカンド・若林晃弘が難しい体勢でキャッチし、ホームに送球した際に送球が逸れていただけに、もったいない走塁だった。

 佐々木氏は「こんなに逸れていたら普通セーフになるんですけどね」とチクリ。「今のでもソトが一塁側の方向にスライディングしていたら、余裕ですよね。スライディングもしないで走っていってアウトですからね。セカンドの送球だから、見えるはず。でも、セカンド(ベース)寄りだったから見えなかったのかな。だったら、次の打者の大貫がどっち側って指示しなきゃいけないんですよ」と指摘した。

 佐々木氏は走塁を含めてDeNAは「野球が雑ですよね」と厳しかった。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
    ニュース設定