高津カリノ新作の舞台は夜の街、「オウルナイト」少年ガンガンで開幕

4

2021年05月12日 10:45  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「オウルナイト」より。
「オウルナイト」より。
高津カリノの新連載「オウルナイト」が、本日5月12日発売の月刊少年ガンガン6月号(スクウェア・エニックス)でスタートした。

【大きな画像をもっと見る】

「オウルナイト」は北海道・某市を舞台にした、夜の街のお仕事コメディ。20歳の大学生・宇佐木英知はアルバイト先を探していたところ、クラブの強引なキャッチに捕まり、流されるまま面接を受けボーイとして働くことになる。店長、キャストもクセの強いメンバー揃いだが、宇佐木自身も“ある秘密”を抱えており……。連載開始を記念し今号の表紙と巻頭カラーを飾ったほか、第2話まで一挙掲載。「オウルナイト」の特製クリアマスクケースが付録として用意されている。

また月刊少年ガンガン創刊30周年を記念し、連載作家陣の描き下ろしサイン色紙が当たるキャンペーンを実施。「ワンルーム、日当たり普通、天使つき。」のmatoba、「おじさまと猫」の桜井海らが参加している。詳細は今号で確認しよう。

このニュースに関するつぶやき

  • ファミレス、役所、声優に続くお仕事物ですね。今作から文字が小さい旨の要望からワイド4コマ試すみたいだけど、本数半減で濃度が薄まるので上手く織り交ぜながら進めて欲しいかなあ…
    • イイネ!5
    • コメント 0件
  • ファミレス、役所、声優に続くお仕事物ですね。今作から文字が小さい旨の要望からワイド4コマ試すみたいだけど、本数半減で濃度が薄まるので上手く織り交ぜながら進めて欲しいかなあ…
    • イイネ!5
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定