HTCが新型VRヘッドセット「VIVE Focus 3」「VIVE Pro 2」を発表 発売は6月

1

2021年05月12日 13:12  ITmedia PC USER

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真新たに発表された「VIVE Focus 3」(左)と「VIVE Pro 2」(右)
新たに発表された「VIVE Focus 3」(左)と「VIVE Pro 2」(右)

 2021年5月11日(現地時間)、HTCはオンラインイベント「VIVECON 2021」を開催し、新型の一体型VRヘッドセット「VIVE Focus 3」とPC向けの「VIVE Pro 2」(VIVE PRO2 HMD)を発表した。価格はそれぞれ税込み13万900円と10万3400円(いずれも税込み)で、発売時期は6月24日/6月3日とアナウンスされたが、日本では「Coming Soon」/6月下旬予定となっている。



【その他の画像】



●ビジネス向けの一体型ヘッドセット「VIVE Focus 3」



 ビジネス向けモデルとなるVIVE Focus 3は、解像度が前モデルの2.6倍となる4896×2448ピクセル(両目)となった。リフレッシュレートは90Hz、視野角(FOV)は最大120度で、SoCはQualcomm Snapdragon XR2、メモリは8GBだ。



 位置トラッキング用のカメラを4基内蔵して精度の向上を図っている他、エコーキャンセル用のデュアルマイクを装備する。スピーカーは側頭部分に内蔵され、3.5mmのオーディオ端子も用意される。また、後頭部部分に着脱式のリチウムポリマーバッテリー(26.6Wh)を内蔵する。



 付属のハンドコントローラーは重量が約142gと軽く、内蔵のリチャージャブルバッテリーは最長15時間の動作が可能だという(USB Type-Cケーブルで充電)。Wi-Fi 6の無線LANとBluetooth 5.2をサポートし、2基のUSB Type-C端子(USB 3.2 Gen 1)も備える。



●従来のアクセサリーも流用可能なPC向けの「VIVE Pro 2」



 VIVE Pro 2は2018年発売の「VIVE Pro」後継モデルで、ヘッドセット単体で発売される。解像度は4896×2448ピクセル(両目)となり、「Oculus Quest 2」(3664×1920ピクセル)よりも広くなった。リフレッシュレートは120Hz、視野角(FOV)は最大120度で、SoCはQualcomm Snapdragon XR2だ。



 新たに画像圧縮伝送技術「Display Stream Compression」をサポートし、対応PCとDisplayPortケーブルで接続することにより、描画の負荷軽減と高い画質を両立させている。SteamVR Tracking V2.0(SteamVR 1.0/2.0ベースステーションと互換)に対応し、別売の「VIVE フェイシャルトラッカー」や「VIVE トラッカー(3.0)」も利用可能だ。



 動作PCの最低環境はCPUがCore i5-4590/AMD Ryzen 1500同等かそれ以上、GPUはGeForce GTX 1060/AMD Radeon RX 480同等かそれ以上(フル解像度にはGeForce RTX 20シリーズ/AMD Radeon 5000シリーズ以上)、メモリは8GB、DisplayPort 1.2以上とUSB 3.0以上の接続端子、OSはWindows 10となっている。


    ニュース設定