GIGABYTE、クリエイター向けノート「AERO」に第11世代Core搭載の新構成モデル

0

2021年05月12日 14:32  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

写真AERO 15 OLED
AERO 15 OLED

 GIGABYTE Technologyは5月12日、第11世代Coreプロセッサを採用したクリエイター向けノートPC「AERO」シリーズ新モデルを発表、5月17日から順次販売を開始する。



【その他の画像】



 今回のラインアップではCPUとして最新のCore i7-11800H(8コア16スレッド、2.3GHz/最大4.6GHz)を搭載し、処理能力を従来製品比で20%向上した。



 ラインアップは、15.6型4K有機ELパネル/GeForce RTX 3070/メモリ16GB/1TB NVMe SSDを搭載した「AERO 15 OLED XD-73JP624SP」、15.6型4K有機ELパネル/GeForce RTX 3080/メモリ16GB/1TB NVMe SSDを搭載した「AERO 15 OLED YD-73JP624SP」、15.6型4KELパネル/GeForce RTX 3080/メモリ16GB/1TB NVMe SSDを搭載した「AERO 17 HDR YD-73JP548SP」、17.3型4Kパネル(HDR対応)/GeForce RTX 3080/メモリ32GB/512GB SSD+1TB NVMe SSDを搭載した「AERO 17 HDR YD-73JP548SP」の3構成を用意した。



 予想実売価格はAERO 15 OLED XD-73JP624SPが29万6780円、AERO 15 OLED YD-73JP624SPが35万1780円、AERO 17 HDR YD-73JP548SPが41万80円だ(税込み、以下同様)。



 またGIGABYTE Technologyは、家電量販店向けとなる17.3型ノートPC計2製品を発表、5月22日に販売を開始する。ラインアップは、17.3型フルHD液晶(300Hz駆動対応)を搭載するゲーミングモデルの「AORUS 17G XD-73JP345SH」と、17.3型4K液晶(HDR対応)を搭載するクリエイター向けモデルの「AERO 17 HDR XD-73JP544SP」を取りそろえた。予想実売価格はそれぞれ32万9780円、36万2780円だ(ともにビックカメラ/ヨドバシカメラでの販売)。


    ランキングIT・インターネット

    前日のランキングへ

    ニュース設定