厚労省や自治体のシステムにも影響、Salesforceの障害 現在は復旧

2

2021年05月12日 20:42  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真V-SYSの概要(出典:厚生労働省の資料)
V-SYSの概要(出典:厚生労働省の資料)

 5月12日午前7時ごろから米Salesforceの製品で発生した障害で、厚生労働省は5月12日、新型コロナワクチンの在庫管理や配送状況を確認する「ワクチン接種円滑化システム」(V-SYS)に一時ログインできない状態だったと発表した。V-SYSのデータ基盤にはSalesforceの製品を採用しているという。同システムは11時20分ごろに復旧した。



【その他の画像】



 この障害により、配布したワクチンの量や接種実績の閲覧などが一時できなくなったという。



 Salesforceの障害は、予約情報の管理に同社の製品を使っていた自治体のワクチン予約システムにも影響を及ぼした。都内自治体では目黒区、中野区、狛江市が接種予約の受け付けを一時停止。12日午後から順次再開した。


このニュースに関するつぶやき

  • 障害以前に請求が機能してません。サマリの反映もできず時間外2800円、休日4000円の入力欄も存在しない。疑問に思えない医者は一律2070円しか貰えない国家的詐欺です。
    • イイネ!3
    • コメント 0件
  • 障害以前に請求が機能してません。サマリの反映もできず時間外2800円、休日4000円の入力欄も存在しない。疑問に思えない医者は一律2070円しか貰えない国家的詐欺です。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定